シズルジャパンから重要な情報:お読みください!

アプリケーションを続行する前に、以下にあるディストリビューター契約およびポリシーと手順のSiselの契約条件を確認してください。

シズルインターナショナルグローバルポリシーと手順

1 ミッション / ビジョン / バリュー

1.1 ミッション(使命)

SISELは健康とウェルネスの本質を探究し、人々がより健康的な生活を送れるように考 案された従来にない優れた健康補助食品やパーソナルケア製品および化粧品を提供し ます。そして、新たに出現しつつある生命科学についてたゆまぬ研究を続け、その中で開発 された革新的な製品とメッセージを、独創的な流通モデルを通じて世界中のディストリ ビューターに届けます。

1.2 ビジョン

SISELは人体を最優先とする栄養とパーソナルケアの未来を包括します。 SISELは、時間拘束と個人的な成功と相まった、エネルギーと長寿を人生において促進 するため、科学と革新を利用しています。 SISELは、適切な栄養、身体的な運動、および有毒成分の排除を通じて、身体の自然な能 力維持を目指しています。 単に病気に適応するのではなく、健康を促進します。 短期的な利益をただ最大限にするのではなく、健全で持続可能なシステムで起業家精神 に力を与え、報酬を得られるよう設計されたビジネスモデルを通じそれを推進します。

1.3 バリュー

・SISELは自身の利益よりもSISELに関わるすべての人々の利益を追求し、優先します。 そして、SISELに関わるすべての人々の個性を尊重し、その貢献を正当に評価します。

・SISELは道徳的・倫理的な原則を遵守し、決して妥協することはありません。

・SISELはディストリビューターやSISEL愛用会員および従業員の期待を充分に理解し、 満足させるよう努力します。

・SISELはさまざまな変化を柔軟に受け入れる姿勢を持ち、技術革新を奨励します。 ・SISELは発言したことを行動に移します。そして、いかなる進言や発言も常に尊重し、約 束を守ります。

・SISELは正確な情報を必要に応じて提供し、啓蒙し、そして期待に応えます。また、一方 的な統制や命令、強制などは行いません。

・SISELは地球環境を大切に守り、それと調和した持続的な成長に努め、世界にウェルネ スソリューションを提供します。

2 はじめに

2.1 ディストリビューター規約およびコンペンセーションプログラム

本規約は、現在の形式または、以下「SISEL」または「当社」と言う(SISEL International AG)およびその系列会社SISEL International, LLCの判断によって変更された、 SISELディストリビューター規約に組み込まれ、独自の決定権を構成するものと見なします。これらの規約全般において、「規約」という言葉が使用される場合、それは独立ディスト リビューター資格申請書および概要書面、契約書面、規約、SISELのディストリビュー ター・コンペンセーション、(該当する場合は)SISELの各種申請フォーム一式を総合的に 指します。これらの文書は、言及することによってSISELディストリビューター規約(現在 の形式およびSISELによる変更)に含まれます。最新版のこれらの規約を精読し、理解し、 遵守し、必ず意識してその下で活動することが、各ディストリビューターの責任です。新規 ディストリビューターのスポンサーになったり、登録を行う場合、新規ディストリビュー ターがディストリビューター資格申請を締結する前にこれらの概要書面、ならびにSISEL のディストリビューター・コンペンセーションプログラムの最新版を申請者に配布するの は、スポン サーの責務です。
ディストリビューターの便宜のため、SISELは本契約またはその一部を異なる言語に翻 訳することがあります。ただし、両当事者間の契約および関係は、英語のみで行われ、英文 は、関係のすべての側面を管理するものとします。契約書またはその一部が別の言語で翻 訳された場合、翻訳はディストリビューターへの便宜のためであり、契約書の英語版が優先するものとします。ディストリビューターが英語を理解できない場合や、理解している言 語に翻訳されていない場合は、ディストリビューターとしての登録をしない、または登録された場合はディストリビューター契約を終了する必要があります。新しいディストリビュー ターをスポンサリングまたは登録する場合は、SISELの最新の報酬プログラムと一緒に、 これらのSISELグローバルポリシー(規約)の最新バージョンを提供することはスポンサー リングしたディストリビューターの責任です。

2.2 本規約の目的

SISELは、ディストリビューターを通じて製品を販売する直販企業です。自身の成功およ び仲間のディストリビューターの成功は、当社製品を販売するディストリビューターの活 躍に依存します。
ディストリビューターは、SISELの従業員ではなく、独立した請負業者または独立した企 業です。本契約の目的上、独立ディストリビューターは、「ディストリビューター」と呼ばれることがありますがすべて「独立ディストリビューター」として認識され、本契約の条件を制限したり、変更するものではありません。
ディストリビューターとSISELとの関係を明確に定義し、許容可能な業務遂行の基準を 明確に設定するために、SISELは本規約を策定しました。SISELディストリビューターは、 SISELビジネスを監督する国の法律に加えて、SISELによって適宜変更される可能性の ある本規約に記載の諸条件を遵守しなくてはなりません。ディストリビューターがこれら の行為基準に不慣れな場合もあるので、本規約を読み、遵守することが非常に重要です。 本規約記載の情報を注意深く読み返してください
本規約は、ディストリビューターと当社との関係を説明し、規定するものです。規則について何か質問がある場合は、アップラインまたはSISELカスタマーサービスにお問い合わせ ください。

2.3 本契約の変更

国の法律、およびビジネス環境は定期的に変化するので、SISELは、自己の判断により本 規約および価格を変更する権利を有します。ディストリビューター契約書に署名するか、 またはディストリビューターとしての活動を継続することにより、ディストリビューターは SISELが選択するすべての変更に従うことに合意したものとみなします。改訂は、本契約 が変更されたことをディストリビューターに通知した時点で有効となります。変更の通知 は、公式のSISEL電子メールおよび資料を通じて伝えられるものとする。当社は、以下のいずれかの方法により、すべてのディストリビューターにすべての変更条項の完全なコ ピーを提供するものとする。(1)当社の公式ウェブサイトへの掲載。(2)電子メール、テキ ストまたはその他の電子的手段。(3)ファクシミリ( 4)ボイスメールシステムのブロード キャスト( 5)会社の定期刊行物、パンフレットまたはその他の発表。(6)製品注文または ディストリビューターの補償。(7)特別郵送。 独立ディストリビューターとSISELとの関係の継続、またはディストリビューターが修正 後のボーナスまたはコミッションの受取りを行うことは、すべての改正を肯定的に受け入れることになります。変更は最初にいずれかの方法によってディストリビューターに提供 されてから30日後に有効になります。

2.4遅延

当社が適切に制御できない状況を原因として営業活動が実行不可能な場合、SISELはその義務の履行遅延または不履行の責任を負いません。このような状況の例として、ストラ イキ、労働争議、暴動、戦争、火災、死亡、当事者の供給元の減産、または政府の法令もしくは命令などが挙げられますが、これらに限定されるものではありません。

2.5規定と条項の分離可能性

本規約の任意の条項が、現在の形式または変更された形式において、いずれかの理由に よって無効または執行不能であることが判明した場合においても、当該条項の無効部分 のみが分離され、その他の条項は存続して効力を有します。そして、このような無効な条項 または執行不能な条項が本契約書の一部を構成したことはなかったものとして解釈され ます。

2.6放棄

当社は、本契約およびディストリビューターまたはその事業の運営を管理する適用法を 遵守することを主張する権利を放棄することはありません。SISELが本契約に基づいて権 利または権限を行使しなかった場合、または本契約の義務または条項をディストリビュー ターが厳格に遵守することを主張する場合は、かかる権利または権限を放棄するものと します。同様に、当事者は、本契約の条項と矛盾しても、本契約の正確な遵守を要求する SISELの権利を放棄するものではありません。SISELの権利放棄は、社長または最高経 営責任者の書面による影響のみを受けることができます。他の従業員、代理人、または個 人は、本契約の条件を放棄、中断、または変更することはできません。SISELのディストリ ビューターによる特定の違反の放棄は、その後の違反に関するSISELの権利に影響を及 ぼさないものであっても、他のディストリビューターの権利または義務にいかなる影響を 与えるものではありません。違反に起因するいかなる権利を行使するためにSISELが遅 延または省略したとしても、その違反またはその後の違反に対してSISELの権利を行使す る権利に影響を与えたり、損害を与えたりすることはありません。SISELに対する独立 ディストリビューターの請求またはその原因は、SISELの契約期間または規定の実施に 対する防御とはみなさないものとします。

2.7責任の制限

SISELおよびその関連会社、役員、取締役、管理メンバー、従業員およびその他の代理人 は、法律で認められている限り、責任を負いません。また、代理人はこれを本契約から解放 し、利益の損失 法律上の義務違反、偶発的、特別、派生的または模範的な損害が発生し た場合には、不法行為、黙示的義務または厳格責任を問いません。さらに、ディストリ ビューターに対する損害賠償は、ディストリビューターが所有する当社の未販売の製品 およびディストリビューターに対するコミッションを超えてはならず、制限されることに合 意されるものとします。

3ディストリビューターになるには

3.1ディストリビューターになるための必要条件

SISELディストリビューターになるためには、申込者は以下の条件を満たす必要があり ます。

A)居住している国において法律的に成年に達していること。

B)国、またはSISELが法律上の拠点を定め、直販企業として完全に活動を行う認可国に 居住していること。

C)有効な社会保障番号、社会保険番号、納税者番号、またはその他の国民番号を持って いること。

D)法律によって免除されない限り、SISELディストリビューターキットを購入する。

E)適切にすべて記入し、署名した独立ディストリビューター資格申請書をSISELに提出 すること(原本のみ、コピー不可)申請者は別称、家族または友人の名前、架空の名前 または識別番号、他の不正な身分証明方法を使用して、これらのポリシーを迂回する ことはできません。

当社は、新たにディストリビューターの登録や、これらの条件に違反して設立されたディス トリビューターを解約する権利(以下の第3.5項に記載されている自動更新を含む)および更新の申込を拒否する権限を有します。

3.2購入不要事項

登録時に購入するディストリビューターキットを除き、サービス、セールスエイド、または 支払いが求められる手数料や費用はありません。新規ディストリビューターがSISEL製 品、販売技術、セールスエイド、その他に習熟するために、当社では、新規ディストリビュー ターがディストリビューターキットを購入することを義務づけています。SISELは、第8.2 に従い、ディストリビューター契約を解約したディストリビューターから、相応に未使用で 未開封のディストリビューターキットを買い戻します。

3.3新規ディストリビューター登録

法律が認められている場合、SISELは新しいディストリビューターが登録するための3つ の便利な方法を提供しています。

A)申込書およびディストリビューターキットの支払いをSISELに郵送することができ ます。

B)SISELの公式ウェブサイトまたはスポンサーの公式ウェブサイトでオンライン登録 する。

C)申請書をファクシミリで提出する。

申請者がファクシミリで登録する場合は、申請書および契約書の正副の両方をSISELに ファックスする必要があります。ファクシミリ登録の場合、ディストリビューターキットの支 払いは、クレジットカードまたはその他の承認された電子決済で行わなければなりませ ん。新しいディストリビューターのDINおよび承認は30日間有効で、完成して署名された オリジナルのディストリビューター申請書とSISELの契約書が承認されるまで保留中で す。これはSISELに郵送またはファクシミリ送信する必要があります。SISELが元のディス トリビューター申請書および契約書を受領すると、新しいディストリビューター契約書が ディストリビューター会員番号(DIN)発行日から1年間延長され、ディストリビューターに はSisel Identification Card “ID Card”が郵送されます。新しいディストリビューター 登録申請書と契約は一時的な30日間の期間内に受け取られず、一時的な承認は自動的 に期限切れとなり、DINは取り消され、ディストリビューターの登録申請書と契約は自動 的に終了されます。新しいディストリビューターは、一時的期間中に行われたすべての購入またはその他の義務に対して、引き続き責任を負います。

3.4 ディストリビューターの利益

申請書がSISELによって承諾されると、新規ディストリビューターは、マーケティングおよび報酬プラン、ディストリビューター契約の利益を受けることができます。ディストリ ビューターは、次のような利益を受ける権利があります。

A)SISEL製品を販売し、その売上げから収益を得る権利。

B)SISELのグローバル・シームレス・ハイブリッド・コンペンセーションプログラムに参加 する権利(有資格の場合、ボーナスおよび配当を受ける権利)。

C)愛用会員またはディストリビューターとしてSISELビジネスに加入させ、マーケティン グ組織を構築してSISELのグローバル・シームレス・ハイブリッド・コンペンセーション プログラムによって発展させる権利。

D)定期的にSISEL文書および他のSISELからの連絡を受ける権利。

E)SISELが提供するサポート、サービス、トレーニング、自己啓発および表彰の会合に(有 償の場合は、適正な料金を支払った上で)参加する権利。

F)ディストリビューターのためにSISELが提供するプロモーションおよび報奨金コンテス トに参加する権利。

3.5 ディストリビューター資格の更新

ディストリビューター契約の期間は、SISELによる承諾日(審査を経て登録が承認された 日)から1年間です。ディストリビューターは、ディストリビューター契約から1年目に当たる日までに¥1,300の年間更新手数料を支払い、ディストリビューター契約を毎年更新 する必要があります。ディストリビューター契約の有効期間が満了する日(審査を経て登 録が承認された日から1年目)から10日以内に更新料が支払われない場合、ディストリ ビューター契約は停止します。ディストリビューターは、自動更新プログラムを選択するこ ともできます。自動更新プログラムは、次の方法で更新手数料をe-ウォレットまたはご登 録のクレジットカードから支払うことができます。自動更新プログラムは、SISELのホーム ページのトップページからディストリビューターの皆様の個人ページへアクセスいただき、 「プロフィール」→「プロフィールの編集」ページの「自動更新プログラム」の下にある「は い」の欄をチェックするだけで登録できます。皆様のe-ウォレットの残高¥1,300以下で あった場合、ご登録のクレジットカードへ請求させていただきます。e-ウォレットならびに クレジットカードどちらも利用できない方は年間更新料¥1,300をお振込み又は普通為 替もしくは小為替でお支払いください。お振込みの控え(コピー不可)または普通為替も しくは小為替の控えをJPN番号、お名前、年間更新料である旨を明記した書面とともにカ スタマーサービス宛にご郵送ください。(※年間更新料は2017.09現在)

自動更新プログラムを有効によるディストリビューター契約終了の権利が妨げられること はありません。

4 SISELビジネスの運営

4.1 SISELの5スター・グローバル・シームレス・ハイブリッド・コンペンセーション プログラム (5-STAR GLOBAL – SEAMLESS HYBRID COMPENSATION PROGRAM) の遵守

ディストリビューターは、公式のSISEL文書に記載のSISELのマーケティングおよび報酬 プログラムの条項を遵守しなくてはいけません。ディストリビューターは、公式のSISEL文 書に具体的に記載されている以外のマーケティングシステム、マーケティングプログラム、 またはマーケティング方法、またはこれらを組み合わせて、SISELのビジネスを提供してはいけません。ディストリビューターは、公式のSISEL文書に記載のプログラムとは異なる方法で、現在または将来の他の愛用会員またはディストリビューターにSISELへの参加 を要求または奨励してはいけません。ディストリビューターは、SISELディストリビュー ターになるために、公式のSISEL契約書以外の契約を締結することを、現在または将来 の他の愛用会員またはディストリビューターに要求または奨励してはいけません。同様 に、ディストリビューターは、公式のSISEL文書で推奨されている、または要求されている 購入や支払い以外に、SISELのマーケティングおよび報酬プログラムに参加するために、 任意の個人や企業体に対しての購入や支払いを、現在または将来の他の愛用会員または ディストリビューターに要求または奨励してはいけません。

4.2 宣伝

4.2.1 一般

すべてのディストリビューターは、SISELおよびその製品の高い評価を護り、促進しなくて はなりません。SISELのマーケティングと販売促進、SISELビジネス、SISELのハイブリッ ドコンペンセーションプログラム、およびSISEL製品は公共の利益と一致するものであ り、あらゆる無作法な、虚偽の、誤解を招く、非倫理的な、不道徳な行為または慣習を排除 しなくてはなりません。SISELが提供する製品および素晴らしいビジネス機会を推進する ために、ディストリビューターは、SISELが作成したセールスエイドおよびサポート資料を 使用しなくてはいけません。この要求の背景にある理由は、シンプルです。SISELは、細心 の注意を払って製品、製品ラベル、マーケティングおよび報酬プラン、プロモーション用資 料を作成し、SISELのすべての側面が公正かつ誠実で十分な裏づけを持ち、さまざまな国 の法律による法的要件に準拠するようにしています。SISELディストリビューターに独自 のセールスエイドおよびプロモーション用資料(インターネット上の宣伝を含みます)の 作成を許可するとなると、作成物が完全で善意に基づくものであっても、SISELビジネス に影響する法律や規則に意図せず違反する可能性が高く、このことは容認できません。こ れらの違反は僅かな数かもしれませんが、すべてのディストリビューターのSISELビジネ スを脅かす可能性があります。したがって、ディストリビューターによる独自の文書、広告、 セールスエイドおよびプロモーション用資料、またはインターネットのWebサイトの作成 を禁じます。許可されていない行為によって、ディストリビューター自身が、当社または第 三者からの民事訴訟、政府当局からの民事または刑事罰、罰金、またはその他の形態の 職業的または個人的負債にさらされる可能性があります。ディストリビューターは、現在 制作されている、または今後開発される可能性のあるYouTubeやその他のファイル共有 サイトを含む、ファイルやビデオの共有サイトに会社が作成したビデオや音声をアップ ロードすることはできません。

4.2.2 ディストリビューターのWebサイト

ディストリビューターがインターネットのWebサイトを利用したビジネスの発展を希望する場合、当社の複製Webサイトプログラムを通じてのみそれを実現できます。このプログ ラムは、ディストリビューターによるインターネット上での宣伝、およびディストリビュー ターのメッセージとディストリビューターの連絡先情報でカスタマイズ可能な多数のホー ムページのデザインからの選択を許可するものです。これらのWebサイトは、公式SISEL Webサイトにシームレスに直接リンクされ、ディストリビューターが独立した、当社の承認 を受けた存在であることがインターネット上で認められます。ディストリビューターが、 SISELの名前、ロゴ、もしくは製品説明、またはSISEL製品もしくはSISELビジネスを(直 接的または非直接的を問わず)宣伝するWebサイトを独自に設計することはできません。 ディストリビューターは、最終的にSISEL製品、SISELビジネス、またはSISELの報酬プロ グラムに関連する製品または収入に関して、インターネット上の「匿名」広告を使用することもできません。その他のいかなる方法によっても、インターネットのWebサイトまたは Webページ(eBayなどのオークションサイトを含むが、これに限定されたことではない) を利用し、SISEL製品の販売、SISELビジネス、マーケティングおよびコンペンセーションプログラムを促進することは本契約に違反し、第9.1条に記載の懲戒処分の対象となる 場合があります。SISELは、ディストリビューターが、関連するすべてのポリシー&プロシ ダーを遵守していれば、インターネット上で自分の個人用Webサイトに広告を掲載するこ とができます。インターネットの使用を含めSISELの商標、ロゴ、またはその他の知的財産 の使用はすべて、SISELの方針に従わなければなりません。使用する前にSISELの許可が 必要となります。ディストリビューターのウェブサイトは、SISEL コンプライアンスからの 書面による承諾を得る前に、インターネット上に公開することはできません。ウェブサイト がSISELによって承認された場合、SISELの事前の書面による承認なしに、サイトまたは そのコンテンツの変更、改変または変更は、SISELの判断により、そのディストリビュー ター資格を停止または終了させる可能性があります。さらに、SISELの独自判断で、ポル ノ、差別、またはその他の攻撃的であるとみなされるいかなる素材、コンテンツ、画像また はデータの使用も厳密に禁止されており、ディストリビューターに懲戒処分を科す可能性 があります。SISELまたはその製品に関する情報を含むWebページから、そのような不適 切な情報を含むページへのリンクは、ディストリビューターの懲戒処分の対象となりま す。ディストリビューターのウェブサイトを承認するためには、SISELはすべてのソース HTMLとサポート資産を含む電子コピーの受領を要求します。電子コピーはSISELコンプ ライアンスに直接提出する必要があります。サイトがコンプライアンスによって受理されま す。そのような変更がすべて行われ、最終的なウェブサイトまたはコンテンツの受諾が受 け取られるまで、ウェブサイトまたはコンテンツは使用可能とみなされません。使用してな いリンクや機能していないリンクは、適切に削除する必要があります。ウェブサイトまたは コンテンツの受諾は永久的なものではなく、受諾された後であってもさらに変更を必要と する場合があります。同様に、法律や規制の違いにより、あるディストリビューターのウェ ブサイトでのコンテンツ、素材、または使用の受け入れは、他のディストリビューターに同 じコンテンツや素材を使用させることを許可しません。各ディストリビューターは、ウェブ サイトまたはコンテンツが公開される前に、自分のウェブサイトに対する書面による承諾 を得る必要があります。 SISELは独立ディストリビューターに法的助言を提供しないの で、ウェブサイトまたはウェブページが受け入れ可能とみなされても、関連する法律およ び規制に準拠しているわけではありません。

4.2.2.1 SISELのウェブサイトポリシーに含まれる項目

A)独立ディストリビューターの個人WebサイトとSISELコーポレイトWebサイトの区別 は明白でなければなりません。

B)ウェブサイトには、各ページにヘッダーとフッターが表示され、「Independent Distributor」(独立ディストリビューター)という言葉が目立つように表示されている 必要があります。

C)ディストリビューターの個人用ウェブサイトはSISELの公式ウェブサイトの同一なコ ピーではなく、視覚的に区別できるものでなければなりません。

4.2.2.2 SISELの商標およびビジネス文書

A)ウェブサイトには、「Sisel®、FuCoyDon®、FuCoyDonUFG®、Eternity®」という登録 された製品の近くに商標開示が必要です。Triple of Life®、Supra Naturals®および Sisel Safe®は、Sisel International、LLCおよび関連会社の登録商標であり、許可 を得て使用されています(。ディストリビューターは実際にサイトに掲載されている商標 のみを参照する必要があります。)このサイトでは、商標登録された用語が各ページで 初めて使用されたときのみ参照する必要があります。SISEL製品には常に適用される® およびTMの指定が必要です。

B)SISELの書面による事前の同意なしに、インターネットウェブサイトのURL、ドメイン 名、その他の形式での商標の使用は禁止されています。同意はいつでも自発的に認め られ、撤回することができます。これには、SISELの商標を付けた製品のすべてが含ま れますが、これらに限定されません。ディストリビューターは、SISELの書面による事前の同意なしに、SISELの商標、商号、ロゴ、または著作物を使用することはできません。

C)SISELの書面による事前の同意なしに、他の商標の使用と同様に、あらゆる形式の隠 しコードおよびメタタグでの商標の使用は禁止されています。

D)ウェブサイトには、SISELビジネス文書のPDF形式が含まれていないことがあります。 ディストリビューターは、当社の公式ウェブサイトからのみSISELのビジネス文書を閲覧し、印刷することができます。

4.2.2.3. 掲載内容及び主張

A)ウェブサイトは「公式」または「承認済み」のサイトであると主張することはできません。

B)隠しコードやメタタグ(HTMLで使用されるタグのひとつ)では明示あるいは黙示の 医学的主張を行ってはならず、病気や疾病に言及する単語を使用してはなりません。

C)ウェブサイトではSISELの批判禁止ポリシーを必ず遵守する必要がある。これには「唯 一の正当なディストリビューター」あるいは「唯一の認証済みディストリビューター」の ような間接的に他のディストリビューターを差別化する主張も含まれます。

4.2.2.4 独立したディストリビューターのウェブサイトの運営

ディストリビューターはオンラインモール、オンラインオークション、オンラインストアあるいは、仮想ショッピングサイトを含めたインターネットサイト上でSISEL製品を販売しては ならない。SISELは商業店舗の規定(セクション4.7を参照)に基づいてこのようなサイト を小売もしくはサービス施設とみなす。ディストリビューターの個人サイトはSISELディス トリビューター個人が所有し、サイト上で販売する製品がウェブサイト所有者の個人的な 製品のみである場合には小売あるいはサービス施設とはみなされない。

4.2.2.5 リンク

A)ディストリビューターは販売あるいは広告目的の複数の製品を含むホームページに SISEL製品に関するページのリンクを貼ることができます。SISEL製品ページとホーム ページの両方でSISELの広告ポリシーを遵守し、SISELによる承認を受ける必要があ ります。SISEL製品ページ自体はSISEL製品のみを宣伝し、その他の製品やサービス のリンクを貼ってはなりません。SISELではSISEL製品を比較的に見て望ましくない方 法で描写するサイトを否定する権利を有します。また、SISELは疑わしい、あるいは不 快な性質を持つ製品やサービスを掲載するホームページでのSISEL製品の掲載を拒 否する権利も有します。

B)ディストリビューターのウェブサイトは、SISELが疑わしいまたは攻撃的な性質を持つ と判断したウェブサイトにリンクすることはできません。また、ディストリビューターの ウェブサイトは、SISELの製品に関連する治癒的または収入の主張を含むサイトにリ ンクすることはできません。

C)ディストリビューターのウェブサイトは、www.siselinternational.com(または公式 に採用されている他のドメイン)の会社のウェブサイトにリンクする必要があり、SISEL コンプライアンス部門よって承認された他のサイトにリンクすることがあります。

D)ディストリビューターウェブサイトは正当な科学的研究内容を含むその他のサイトに リンクを貼ることが可能です。そのようなサイトにリンクを貼る場合、中間の法的責任 放棄声明ページを含める必要があります。このページは個人サイトのホームページと 第三者の研究ウェブサイトの間に配置し、法的責任放棄声明だけを記載する必要があ ります。責任放棄声明では以下の内容を使用することが必要です。「SISELはここにリ ンクするサイトを是認も運営もしません。これらサイト上で表明される情報や見解はサ イト所有者の情報及び見解であり、SISEL製品を宣伝するものではありません。この 責任放棄声明を読んで理解する場合には継続をクリックしてください。」「継続」ボタン をクリックするとユーザーは第三者ウェブサイトに誘導されます。第三者ウェブサイトは個別のドメイン上にある必要があり、ディストリビューターウェブサイトとの相互リン クがあってはなりません。これらのポリシーは、ディストリビューターのウェブサイト、イ ンターネット広告、ブログへのディストリビューターの投稿、ゲストブック、フォーラム、 および電子通信の媒体に適用されます。

4.2.3 ドメイン名および電子メールアドレス

ディストリビューターが、SISELの商号、商標、サービス名、サービスマーク、製品名、当社 の名前、またはその派生物のいずれもインターネットのドメイン名に使用したり、登録を 試みることを固く禁じます。また、当社の商号、商標、サービス名、サービスマーク、製品 名、当社の名前、またはその派生物のいずれかを電子メールアドレス、ツイッターユーザー 名またはハンドル名、または同様のもの等、ソーシャルメディアコミュニケーション有無に 関わらず、それを組み込むことを禁止します。ディストリビューターは、本ポリシーに違反して無償で予約または登録されたドメイン名を含む、会社の名前、商標またはサービスマー クの登録を直ちに当社に譲渡することに同意するものとします。この義務は、本契約の終 了後も存続するものとします。ドメインを取得するディストリビューター、愛用会員、または その代理人が正当な権利または利益を持たずに、SISELの名称(スペルミス、国別表記) 製品名をドメイン登録した場合、不正に登録したものとみなされます。そのドメインを登 録または取得するディストリビューターまたは愛用会員は、そのドメインのすべての権利 と利益をSISELに譲渡し、費用を支払うことに同意するものとし、SISELはそのドメインを 取得およびまたは使用する権利を有するが、使用する義務は負いません。ディストリ ビューターまたは愛用会員が要求に応じてSISELにドメインを譲渡しない場合、そのディ ストリビューターまたは愛用会員は、WIPOの統一紛争処理手続きの下でSISELに損害 額を支払うことに同意します。要求に応じずSISELにそのドメインを譲渡することを拒絶 した場合は、そのようなドメインを取得する目的と意図が不正ではないことをさらに証明 しなければならないものとします。

4.2.4商標および著作権

SISELは、書面による事前の承諾なしに、SISELディストリビューターを含むいかなる個 人が当社の商号、商標、デザイン、またはシンボルを使用することを許可しません。ディスト リビューターは、書面によるSISELの承諾なしに当社のイベントおよびスピーチの記録を 販売用または配布用に作成することを固く禁じます。また、当社が作成したオーディオ テープまたはビデオテープやDVDのプレゼンテーションを販売目的または個人使用目的 で複製することも固く禁じます。SISELの名前およびSISELが採用する他の名前は、 SISELが独占的に使用する商号、商標、およびサービスマークです。したがって、これらの マークはSISELにとって非常に大きな価値を持ち、ディストリビューターは明示的に承諾 された方法のみで使用できます。当社以外によって作成された任意のアイテムにおける SISELの名前の使用は、次の場合を除き固く禁じます。

ディストリビューターの名前

独立SISELディストリビューター

すべてのディストリビューターは、自身の名前で電話帳のイエローページに「独立SISEL ディストリビューター」として掲載できます。ディストリビューターは、SISELの名前または ロゴを使用した広告を電話帳に掲載してはいけません。ディストリビューターは、SISELイ ンターナショナルAG、SISELインターナショナルLLC、SISELジャパン合同会社、または 電話の発信者がSISELの事務所から電話をかけたと信じさせるような方法で電話に応対 することを固く禁じます。ディストリビューターは社外の場所にSISELまたは製品を宣伝 する看板およびディスプレイを置くことはできません。

4.2.5 マスコミ対応

ディストリビューターは、SISEL、その製品、または自身の独立したSISELビジネスに関するマスコミからの質問に応答しようとしてはいけません。あらゆる種類のマスコミからのいかなる質問も、ただちにSISELの法務部門に照会してください。このポリシーは、SISELが 企業として、適切な対外イメージに加えて、正確で一貫した情報を社会に提供することを 目的としています。

4.2.6 スパミングおよび未承諾のファクシミリ送信

この項で規定されている場合を除き、ディストリビューターは、SISELビジネスの運営に 関してSISELが未承諾のファクシミリ、大量の電子メール、SISELが未承諾の電子メー ル、または「スパミング」を使用また送信することを固く禁じます。ここで使用する「未承諾 ファクシミリ」および「未承諾電子メール」という用語は、それぞれテキストまたはSNS、または同様の電子的手段を介した、いかなる重要情報または情報宣伝を使用し、SISEL、 SISELの製品、コンペンセーションプログラム、または当社に関するその他の事柄を宣伝 または促進する資料または情報を送信することを指します。スパミングには、(1)ディスト リビューターのアカウントから電子メールまたはウェブアドレスを含む迷惑メールメッ セージをオンラインユーザーに送信すること、(2)電子メールメッセージまたはニュース 投稿に「発信源から」誤って作成し、それによってメッセージが会社またはそのネットワー クから発信されたという印象を与える。(3)ディストリビューターのダウンライン組織に属 していない、またはディストリビューターに事前に確立されたビジネス関係または個人的 関係がない人のリストに迷惑メールまたはファクシミリを送信することを指します。「確立 されたビジネスまたは個人的関係」とは、以下に基づいて、ディストリビューターと人との 間の自発的な双方向コミュニケーションによって形成された関係を意味します。

(A)その人による調査、申請、当該ディストリビューターによって提供され、取り下げられていない、または終了していない製品

(B)いずれの当事者によっても関係が解消されていない個人的または家族的関係。 電子メッセージの送信または掲示には、ディストリビューターが居住している国に応じて 追加の要件および義務が課されることがあり、ディストリビューターは、電子通信に関するすべての適用法、規則および規則を遵守する責任があります。

4.3 不正登録の禁止

不正登録を、厳格かつ完全に禁止します。「不正登録」とは、

(A)当該個人または企業体が独立ディストリビューター資格申請書および概要書面を受 け取らずに、またはこれらを正式に締結せずに、当該個人または企業体を登録する こと、

(B)個人または企業体を愛用会員として不正登録すること、

(C)存在しない個人または企業体をディストリビューターまたは愛用会員として登録する こと、または登録しようとすること、

(D)ディストリビューターまたは愛用会員がクレジットカードの口座名義人でない場合、 当該ディストリビューターまたは愛用会員本人が、または代理として当該クレジット カードを使用すること、

(E)他のディストリビューターまたは愛用会員の代理として、または他のディストリビュー ターまたは愛用会員のID番号を使用してSISEL製品を購入し、ボーナスの資格を得ること、 などを指します。

4.4 企業体 不正登録を、厳格かつ完全に禁止します。「不正登録」とは、

4.4 BUSINESS ENTITIES

法人、合同会社、パートナーシップ、または信託(本項では、集合的に「企業体」と言う)は、
パートナーシップ契約書、登記簿謄本、または信託書類(集合的に「企業体書類」と言う)
および適正に作成された出資者リストをSISELに提出することによって、SISELディストリビューターに申請できます。

ディストリビューターがオンラインで登録する場合は、企業体書類と出資者リストは、オン
ライン登録から30日以内にSISELに提出する必要があります。書類が30日以内に受領さ
れなかった場合、ディストリビューター契約は解除されます。SISELビジネスは、同一スポ
ンサーの下において、地位を個人からパートナーシップ、合同会社、法人、もしくは信託へ、
または他の種類の企業体へ変更できます。変更を依頼するたびに、手数料のUS$25がか
かります。お支払いにはクレジットカードなどがご利用いただけます。これは、書面による
請求と完成したディストリビューターの申請書および契約に含まれていなければなりませ
ん。ディストリビューターは、企業体を現在および法的に有効な状態に保つ義務があり、
企業体が中断、失格、キャンセルまたは終了した場合、SISELに通知する必要があります。
出資者リストは、株主、メンバー、パートナー、または受託者のすべてによって署名されて
いる必要があります。企業体のメンバーは、個人保証人として行動しSISELに対するすべ
ての債務またはその他の義務について個別および連帯して責任を負います。

4.5 SISEL ビジネスに関する変更

4.5.1 全般

各ディストリビューターは、独立ディストリビューター資格申請書に記載の情報に変更が
生じた場合は、ただちにSISELに報告する責任があります。ディストリビューターが既存
のディストリビューター契約(個人企業からディストリビューターが所有する企業体へな
ど)の変更を希望する場合は、書面による依頼、適正に締結された変更申請書、ならびに
適正な証明文書を提出することによって変更が可能です。変更は、1年に1度のみの受付
となります。翌年の1月1日から変更を適用するためには、変更に必要な書類を提出の上、
手続きを当年の11月30日までにする必要があります。

4.5.2 パートナーの追加

パートナーを既存のSISELビジネスに追加加入させる場合、当社は、申込者とパートナー
の個人を特定する情報(パスポート番号、保険証番号、運転免許証番号、住民票、戸籍謄
本など)が記載または添付され、署名されて、すべてが適正に記入された変更申請書に加
えて、書面による依頼を義務づけます。(SISELビジネスの譲渡に関する)第4.27条の迂
回を防止するために、元の申込者は元のディストリビューター申込書および契約書の当
事者として存続しなくてはいけません。元ディストリビューターが当社との関係終結を望
む場合は、第4.27条に従いビジネスを譲渡する必要があります。ボーナスは、すべて元
ディストリビューターの記録されている住所に送付されます。本条の範囲内で許可される
変更には、スポンサーの変更は含まれません。スポンサーの変更については、次の第
4.5.3条に記載されています。変更を依頼するたびに、手数料のUS$25かかります。お支
払いにはクレジットカードなどがご利用いただけます。SISELは、独自の判断により、
SISELビジネスに関する変更手続きを実施する前に、公正証書を要求することができま
す。SISELが変更依頼を受理してから処理するまでには30日間かかります。追加は1年に
1回しか適用しません。

4.5.3 スポンサーの変更

すべてのマーケティング組織の一貫性とすべてのディストリビューターの功績を守るた
め、SISELはスポンサーの変更を強く反対します。スポンサーの一貫性を維持することは、
各ディストリビューターおよびマーケティング組織が成功するために重要です。したがっ
て、SISELビジネスで別のスポンサーへ変更が許可されることは、ごく一部の例外を除い
てありません。スポンサー変更依頼は、ディストリビューターサービス部門に変更の理由
を記載した書面で提出しなくてはいけません。変更は、次の2種類の状況においてのみ検
討されます。

A)不正な勧誘または非倫理的な資金援助が含まれる場合、ディストリビューターはマー
ケティング組織全体を損なわずに、他の組織への変更を請求できます。不正登録の申し立てに関するすべての請求は、ケースバイケースで評価されます。

B)変更を請求するディストリビューターは、変更によってその収入に影響を受けるすべて
の当事者による書面での承認が必要です。適正に記入されたスポンサー変更届を提出
します。

コピーまたはファクシミリによる署名は受理されません。すべてのディストリビューターに
よる署名について承認が必要です。変更を請求するディストリビューターは、管理費およ
びデータ処理費としてUS$50を支払わなくてはなりません。変更対象のディストリビュー
ターが自身のマーケティング組織内のいずれかのディストリビューターについて変更を希
望する場合、自身のグループの各ディストリビューターについても記入されたスポンサー
変更届を入手し、US$50の手数料を添えてSISELに提出しなくてはなりません(SISEL
ビジネスの移動に伴う費用は、変更対象のディストリビューターとそのマーケティング組
織内の各ディストリビューターの数にUS$50を乗じた金額です)。自身のグループのディ
ストリビューターは、本条のすべての要件を満たさなければ、変更対象のディストリビュー
ターと共に移動されません。変更対象のディストリビューターは、SISELが変更届を受理
してから変更依頼を処理し、確認するまでに30日間待たなくてはいけません。

4.5.4 解約および再申込

ディストリビューターは、自主的にSISELビジネスを解約し、6ヶ月間非活動状態を維持
する(再販用SISEL製品を購入しない、SISEL製品を販売しない、資金援助を行わない、
SISELの会合に参加しない、いかなる形態のディストリビューター活動に参加しない、い
かなる形態のSISELビジネスも運営しない)ことによって、合法的に組織を変更すること
ができます。非活動状態の6ヶ月を過ぎると、元ディストリビューターは、新しいスポン
サーの下で再度申込を行うことができます。

4.6 無権限の主張および行為

4.6.1 賠償

ディストリビューターは、ディストリビューターが口頭または書面によって表明したSISEL
製品、マーケティングおよびコンペンセーションプログラムに関する説明のうち、公式
SISEL資料に明示的に記載されていない説明についてすべての責任を負います。ディスト
リビューターは、ディストリビューターの無権代理または無権行為によって生じ、SISEL
が被った判決、民事罰、返金、弁護士費用、訴訟費用、機会損失を含むすべての債務につ
いて、SISELおよびSISELの取締役、役員、従業員、代理店を補償し、免責することに同意
します。この条項は、ディストリビューター契約書の失効後も存続します。

4.6.2 製品に関する主張

SISELによって提供される製品の治療上、または効果上の特性に関しては、公式のSISEL
文書に掲載されている特性以外の主張(個人的な推薦も含みます)を表明してはいけま
せん。特に、SISELの製品が病気の治療、診断、緩和、防止において有益であることを主張
してはいけません。このような説明は、医療上、または薬品上の主張として認識される可
能性があります。このような主張はSISELの規定に違反するばかりか、国および関連する
法律および規則、またはその主張が表明された国の厚生労働省の法律および規則に違
反する可能性もあります。

4.6.3 収入に関する主張

将来のディストリビューターに登録してもらうことに熱心になるあまり、収入に関して主張
または公表することによってネットワークマーケティング特有の力を証明したいと考える
ディストリビューターもいます。しかし、他のディストリビューターほど結果が思わしくな
かったり、早く結果が出なかったりした場合、新規ディストリビューターはすぐに失望する
場合があるので、逆効果となります。SISELは、他人の収入を公表しなくても、SISELの収入見込みは十分に魅力的であることを確信しています。さらに、ネットワークマーケティン
グに従事する個人による、収入に関する主張および宣伝を規制、または禁止する法律や
規則があります。ディストリビューターは、小切手を提供したり、自身または他人の収入を
公開することは有益であると考えるかもしれませんが、そのようなアプローチはSISELお
よびディストリビューターに悪影響を及ぼす可能性があります。いかなる種類の所得保証
も禁止されています。SISELディストリビューターは、収入に関する主張の法的要件を遵
守するために必要なデータを持ちません。

ディストリビューターは、SISEL の機会またはマーケティング / 報酬プランを将来のディ
ストリビューターまたは他の人に提示または説明するとき、収益予測、収入請求及び
SISEL の収入(小切手の写し、銀行の明細、または納税記録の表示を含めて)を開示
することができません。

マーケティング / 報酬プランの運用の説明に、数学的な見通しのみに基づく架空の所得
例は推奨されません。ディストリビューターは、そのような「仮説的」な例および収入
の表明について単独の責任を負い、上記 4.6.1 項に記載されているような損害賠償か
ら SISEL を免責し、保持することに同意します 。

4.7 営業販路

SISELは、製品の販売およびSISELビジネスの紹介を対面で行うことを強く推奨します。
このマーケティング方法を推進し、ディストリビューター基盤について公平性の基準を設
定するために、ディストリビューターは、いかなる小売店またはサービス機関においても
SISEL製品および資料を展示または販売できないものとします。SISELは、ディストリ
ビューターが当社の事前の書面による承認を得た場合にのみ販売を求め、商業的販売を
行うことを認めます。これらの方針および手続の目的上、「商業用販売」とは、以下のもの
の販売を意味します。

A)SISEL製品(単品で150ドル以上)そしてB)小売顧客に製品を再販しようとする商業
販売者(SISELとディストリビューター以外の全ての者)に委託することが必要です。

4.8 見本市、展示会、その他の販売フォーラム

ディストリビューターは、見本市および専門展示会においてSISEL製品を展示および説
明することができます。ディストリビューターは、イベント主催者に保証金を支払う前に、
カスタマーサービス部門に書面で連絡し、条件付きの認可を得る必要があります。これ
は、SISELの規定で、1イベントで許可されるSISELビジネスが1つのみだからです。最終
認可は、イベントの公式通知および展示に関する十分な要請を最初に提出したディストリ
ビューターに与えられます。認可は、当該イベントに対してのみ与えられます。イベントごと
に参加申請を、カスタマーサービス部門にご提出ください。SISELは、その製品または
SISELビジネスの推進に適したフォーラムと見なされないイベントへの参加許可を拒否
する権利を有します。不要品交換会、ガレージセール、フリーマーケット、ファーマーズ
マーケットには認可が与えられません。これは、これらのイベントがSISELの専門的イメー
ジを促進するものではないからです。

4.9 利益の相反

4.9.1 非教唆

SISELディストリビューターは、他の直販、ネットワークマーケティング、またはマルチレベ
ルマーケティング事業(以下、集合的に「ネットワークマーケティング」といいます)に参加
できます。また、ディストリビューターが希望する場合は、SISEL以外の製品およびサービ
スに関する販売活動に従事できます。しかし、ディストリビューターが他のネットワーク
マーケティング機会に参加することを選択した場合、利益および忠誠の相反を避けるた
めに、ディストリビューターには次のような無権限の勧誘活動を禁じます。

A)本契約の期間中、ディストリビューターが自身の知人を除き、直接または第三者を経
由して、当該ディストリビューター配下にあるディストリビューターの組織直下に位置
するSISEL愛用会員、ディストリビューターまたはSISEL従業員を他のネットワーク
マーケティング事業組織へ実際に紹介または募集した場合、またSISEL愛用会員、
ディストリビューターまたは従業員への他のネットワークマーケティングビジネス事業
の勧誘を提示または支援すること、SISEL愛用会員、ディストリビューターまたは従業
員が他のビジネスベンチャーに参加することを明示的または奨励すること、これには
SISELのフェイスブックページ、インスタグラムのテキストメッセージング、その他の
ソーシャルメディアや電子的な方法などで、SISELブランドのソーシャルネットワーキ
ングを通じて行うことも含まれます。

ディストリビューターが2つのネットワークマーケティングプログラムを運営している
場合に競合が発生する可能性が非常に高いため、別のネットワーク事業ベンチャーへ
の候補者を募集または登録する前に、その候補者がSISEL愛用会員またはディストリ
ビューターであるかどうかを最初に判断するのはディストリビューターの責任です。

B)何らかの理由でディストリビューターの契約が解約または解除された後12ヶ月間、元
のディストリビューターは、別のネットワークマーケティングプログラムへSISELディス
トリビューターまたはSISEL愛用会員を登録要請または募集することはできません。

C)ディストリビューターまたは第三者がSISEL愛用会員、ディストリビューターをそのビ
ジネスベンチャーへ募集するために使用する、別のネットワークマーケティング事業の
ためのあらゆる種類の書類、テープまたはプロモーション資料の制作または提供をす
ること。

D)競合他社製品をSISEL愛用会員またはディストリビューターに販売、推奨または販売
促進すること。SISEL製品と同じ汎用カテゴリーの製品は競合しているとみなされま
す。例えば、すべての栄養補助食品は、SISELの栄養補助食品と同じ一般的なカテゴ
リーに属しているため、コスト、品質、成分または栄養成分の違いにかかわらず、競合製
品です。

E)非SISEL製品、サービス、ビジネスプラン、ビジネス機会、報奨金と併せてSISEL製品
を提供したり、SISELのハイブリッド・コンペンセーションプログラムを推進したりする
こと。

F)SISELの会議、セミナー、新製品の発表、コンベンション、またはSISELの他の会合にお
いて、またはその直後に非SISEL製品、サービス、ビジネスプラン、ビジネス機会、また
は報奨金を提供すること。

4.9.2 グループ活動(系統)レポート

ディストリビューターは、SISELの公式Webサイトでグループ活動レポートにアクセスし、
閲覧できます。ディストリビューターによるグループ活動レポートのアクセスは、パスワー
ドで保護されています。すべてのグループ活動レポートおよびこれらのレポートに掲載され
ている情報は社外秘であり、SISELに属する機密情報および取引上の秘密を構成するも
のです。グループ活動レポートは、厳重な極秘扱いでディストリビューターに提供されま
す。このレポートをディストリビューターに公開する唯一の目的は、SISELビジネスの発展
過程において、個々のグループ組織とディストリビューターが協力できるように支援するこ
とです。ディストリビューターは、グループ活動レポートを使用して、自身のグループのディ
ストリビューターを支援し、意識を向上させ、研修を行うものとします。ディストリビュー
ターおよびSISELは、この機密保持および非公開に関する契約が存在しなければ、グルー
プ活動レポートをディストリビューターに提供しないことに合意します。ディストリビュー
ターは、自身、または他の個人、パートナーシップ、組合、法人、または他の事業体を代表し
て、次の行為を禁じます。

A)グループ活動レポートに掲載されている情報を任意の個人、パートナーシップ、組合、法人、他の事業体に対して直接的または間接的に公開すること。

B)グループ活動レポートのパスワードまたは他のアクセスコードを個人、パートナーシッ
プ、組合、法人、他の事業体に対して直接的または間接的に公開すること。

C)SISELとの競合、またはSISELビジネスの促進や支援以外の目的でグループ活動レ
ポートに掲載されている情報を使用すること。

D)グループ活動レポートに掲載されている任意のディストリビューターもしくは愛用会員
を採用もしくは勧誘すること、またはSISELとの関係を変化させることを目的として、方
法を問わずSISELディストリビューターもしくは愛用会員に影響を与える、もしくは誘
導すること。

当社の要求があり次第、現ディストリビューターまたは元ディストリビューターは、グルー
プ活動レポートの原本および複製を当社に返却するものとします。

※日本国内において、グループ活動レポートの提供は行っておりません。(2017.09現在)

4.10 SISEL 以外の直接販売員を対象とした活動

SISELは、明確にまたは故意に別の直接販売企業の販売員に対してSISEL製品を販売し
たり、SISELのディストリビューターにならないかと勧誘したりするディストリビューター
を容認しません。また、別の直接販売企業の販売員がその販売企業と締結した契約の条
件に違反するよう、その販売員に懇願または誘惑するディストリビューターも容認しませ
ん。ディストリビューターは、このような活動に関与すると、他の直接販売企業から訴訟を
起こされるリスクを負うことになります。ディストリビューターが、不当な販売員または顧
客勧誘活動を行ったとして、ディストリビューターに対する訴訟、仲裁、または調停を起こ
されても、SISELはディストリビューターのいかなる弁護費用または弁護士料も支払いま
せん。また、SISELは、いかなる判決、仲裁判断、または示談についてもディストリビュー
ターを補償しません。この条項を違反すると、ディストリビューターの懲戒処分が発生す
る可能性があります。

4.11 多重登録

多重登録または多重登録未遂は固く禁じます。「多重登録」とは、SISELのファイル内に現
行の愛用会員またはディストリビューター契約がすでに存在しているか、この契約を過去
6ヶ月以内に別の出資形態で取得済みである個人または1つの事業体が新規登録するこ
とを意味します。この方針からうまく逃れるために、配偶者または親戚の氏名、商号、デー
タベース管理者名、仮名、法人、パートナーシップ、信託及び企業合同(トラスト)、架空の
ID番号を使用することは禁じられています。ディストリビューターは、別のディストリ
ビューターを勧誘して新規ディストリビューターのマーケティング組織に参加してもらお
うと試みる際、他のSISELディストリビューターをおとしめたり、面目をつぶしたり、中傷し
たりしてはなりません。この方針は、第4.27条によるSISELビジネスの譲渡を禁じるもの
ではありません。

多重登録を発見した場合は、当社の担当者に直ちに知らせなければなりません。SISEL
は、組織を変更したディストリビューター、および多重登録に関与もしくは参加したディス
トリビューターに懲戒処分を行うことができます。SISEL側で公正および適切とみなした
場合、SISELは、違反したディストリビューターのグループの全員または一部を、そのディ
ストリビューターのオリジナルのグループ組織へ移動させることもできます。ただし、
SISELには、多重登録ディストリビューターのグループ組織を移動させる義務はなく、ま
た、組織の最終的な処理はSISELの単独裁量の範囲内にあります。ディストリビューター
は、多重登録ディストリビューターのグループ組織の処理に起因または関連するSISELに
対する請求権をすべて放棄します。

4.12 過失または質問

ディストリビューターは、コミッション、ボーナス、グループ活動レポート(注4.9.2参照)、
または料金に関する誤りや質問がある場合、またはこれらに関わる事が誤りだと考えられ
る場合には、問題の過失または事象が認められた日から60日以内にSISELに書面で通
知しなければなりません。SISELは、60日以内に当社に報告されなかった過失、不作為、
または問題に対する責任は一切負いません。

4.13 過剰在庫の購入禁止

ディストリビューターは、製品またはセールスエイドの在庫を持つ必要はありません。在
庫を持っているディストリビューターは、顧客注文を履行したり、新しいディストリビュー
ターのニーズを満たしたりする際の対応時間が短縮するため、リテール販売やマーケティ
ング組織の構築が多少容易になると感じるかもしれません。各ディストリビューターは、こ
れらの事項について自己判断しなければなりません。販売できない過剰在庫をディストリ
ビューターが負わないように、第8.2に従ってディストリビューターが資格解約すれば、過
剰在庫はSISELに返品することができます。主にボーナス、マーケティングおよびコンペン
セーションプログラムにおける昇格を目的に、実情にそぐわない量の製品を購入すること
を禁じています。ディストリビューターは、1ヶ月で無理なく再販または消費できる数より
も多くの在庫を持つことはできません。またそのようにすることを他の人に勧めることもで
きません。ご自身で使用できる量だけ製品をご購入ください。そのような活動を抑制する
ために、ディストリビューターは、各注文に対して、前の注文からのすべてのSISEL製品の
少なくとも70%を販売、消費、または使用したことを証明しなければなりません。これは
70%ルールと呼ばれます。同様に、ディストリビューターは、SISELに対し、その額を超え
る小売注文を保留していることを証明することができない限り、またはSISELにそのよう
な購入が必要なその他の書面による理由を提供しない限り、月額500ドル以上の製品を
購入することを禁じます。他の懲戒処分に加えて、SISELが本契約または規約に違反して
売り上げとみなした場合にボーナスが発生したことが判明した場合、SISELは支払われ
たボーナスを回収する権利を有します。また、SISELが過量(ご家族とご本人が継続的に
使用する以上の通常必要とされる量を著しく超える)と判断する注文においては使用用
途の提示を求めます。

4.14 公的機関の許可または承認

公的機関は、直接販売またはネットワークマーケティング企業またはプログラムを認可ま
たは承認しません。したがって、ディストリビューターは、SISELまたはSISELのマーケティ
ングおよびコンペンセーションプログラムが公的機関の「認可」もしくは「承認」または別
段の認定を受けていると表明または暗示してはなりません。同様に、第三者の裏書、承認
書または証明書は、SISELの書面による承認がない限り、使用または参照することはでき
ません。承認書または証明書がSISELによって許可された場合、ディストリビューターは、
承認書または証明書が最新のものであり、失効していないか、または有効でないことを保
証する義務があります。

4.15 申込書または注文書の保留

ディストリビューターは、新しい申込者による登録や製品の購入を操作してはなりませ
ん。ディストリビューター申込書および契約書はすべて、ディストリビューターが署名して
から、製品注文書は顧客が発注してから72時間以内にSISELに送付しなければなりま
せん。

4.16 補償

すべてのディストリビューターは、ディストリビューター申込書および契約書上で登録さ
れると、当社は、ディストリビューターに固有のディストリビューター番号を用意します。こ
の番号によってディストリビューターの身元確認を行います。この番号は、発注、ならびに
ボーナスの追跡記録を行う際に使用します。ディストリビューターは、ディストリビューターのe-ウォレットにアクセスするためのセキュ
リティ対策として、またはその他のセキュリティ上の目的で、社会保障番号、社会保険番号
などの一部を確認するよう求められる場合があります。

また、登録データ本人確認のため照会用に保険証番号、運転免許証番号、パスポート番
号、または、住民票、戸籍謄本をSISELに提示いただく場合があります。

4.17 所得税

各ディストリビューターは、独立した事業主として、各国の税法に従い、税務申告の義務
があります。

4.18 独立契約者の地位

ディストリビューターは独立契約者であり、フランチャイズまたはビジネスチャンスの購
入者ではありません。SISELとディストリビューター間の契約によって、SISELとディスト
リビューター間に雇用関係、代理権、提携関係、または合弁事業が発生することはありま
せん。ディストリビューターは、自分のために相反する事を述べたり、または、国税の目的
上、従業員としての扱いを受けてはなりません。すべてのディストリビューターは、SISEL
のディストリビューターとして得た収入にかかる税金を支払う責任を負います。ディストリ
ビューターには、当社に義務を負わせる権限(明示、黙示を問いません)はありません。各
ディストリビューターは、独立ディストリビューター申請書、本規約、ならびに適用法に準
拠する範囲内で、自らの販売目標、販売時間、販売方法を確立するものとします。

4.19 保険について

4.19.1 ビジネスの追求範囲

ディストリビューター事業の保険範囲を契約する必要があります。あなたの住宅所有の
保険契約は、ビジネス関連の傷害、盗難、在庫や業務用機器の損傷には適用されません。
あなたの利益が保護されていることを確かめるために、保険代理店に確認の連絡をしてく
ださい。

4.19.2 製造物責任範囲

SISELは製造物責任訴訟から当社を保護するための保険に加入しています。SISELの保
険契約には、会社の公式声明、会社方針、適用される法律および規制に従ってSISEL製
品を販売している限り、独立ディストリビューターにも適用範囲を拡大する「ベンダーの
推奨(製品の供給業者)」が含まれています。SISELの製造物責任ポリシーでは、製品の
マーケティング、プロモーション、または販売におけるディストリビューターの不正行為の
結果として生じる請求または訴訟には適用されません。

4.20 海外でのマーケティング

法律上および税金上の深い配慮から、SISELは、SISEL製品の再販活動、およびSISELビ
ジネスの説明活動を国内、およびビジネスを行う目的でSISELが合法的に組織および設
立された国にいる顧客およびディストリビューター候補に制限しなければなりません。さ
らには、まだSISELが販路を開いていない市場で少数のディストリビューターがビジネス
を行えるようにすると、国際的に拡大させる機会をすべてのディストリビューターに均等
に与えるというコンセプトに反することになります。したがってディストリビューターは、当
社の公式文書で発表されたとおり、SISELが事業活動を行う権限を付与された国のみ
で、SISEL製品を販売し、愛用会員またはディストリビューターを登録する権限を付与さ
れます。SISEL製品またはセールスエイドは、SISELがまだ事業開始を発表していない国
には発送または販売できません。SISELから書面による許可または発表がない限り、
SISEL製品またはセールスエイドは、別の国から、事業が開始されていない国に発送また
は販売できません。ディストリビューターは、SISELが事業活動を行うための登録をした
国のみで、SISEL製品またはセールスエイドを販売、贈与、移譲、または流通させることができます。さらに、未許可の国では、いずれのディストリビューターも、(A)販売、登録、研
修ミーティングを行ったり、(B)愛用会員またはディストリビューターを登録、または登録
しようとしたり、(C)SISEL製品の販売、マーケティング組織の確立、SISELビジネスの宣
伝を目的とするその他の活動を行ったりすることはできません。

4.21 法及び条令の遵守

4.21.1 自営業に関する地方条令

都市および国の多くには、特定の在宅ビジネスを規制する法律があります。大抵の場合、
これらの条令は、ディストリビュータービジネスの性質から、ディストリビューターには適
用されません。ディストリビューターは贈収賄および腐敗防止に関する法律および規制に
従わなければなりません。都市または国の当局者から、自分が条令の適用対象であると
言われた場合、ディストリビューターは礼儀正しく協力的な態度を示すものとし、また、た
だちに条令のコピーをSISELのコンプライアンス部門へ送付するものとします。大抵の場
合、SISELディストリビューターに適用される可能性のある条令には例外があります。

4.21.2 法律の遵守

ディストリビューターはビジネスを行う際には、適用されるすべての法律および規制を遵
守するものとします。SISELはコンプライアンス問題に関する情報を提供することがありま
すが、ディストリビューターは適用されるすべての法律、条例および規制を遵守する責任が
あります。さらに、ディストリビューターは、直接的または間接的に、書面による契約に基づ
いて、支払い、ローン、ギフト、寄付その他の金銭または高級品を、直接的または間接的に
提供し、政府関係者またはその代理人に対する不正行為や、法律または規則を犯罪行為
へと誘引したり、誘導したりする目的で使用することはできません。

4.22 未成年者と非能力者

居住している国、で未成年者として認識された人、または自分の行為に対して法的責任を
負うことのできない人は、SISELのディストリビューターにはなれない場合があります。
ディストリビューターは、未成年者またはSISELビジネスの遂行能力がない人を登録また
は募集してはならない。3.1の項参照

4.23 1 人のディストリビューターおよび 1 世帯につき 1 つの SISEL ビジネス

ディストリビューターがSISELビジネスで運営できるのは、個人事業主、パートナー、株
主、受託者、または受益者として(法的または衡平法上の)所有するのは、ひとつのみを有
することが出来ます。指定されるディストリビューターシップ所有者はディストリビュー
ターシップを運営し、当該ディストリビューターシップに関するビジネス上の決定を行う
人物として同一である必要があります。ディストリビューターは主に活動している国に存
在し、他国に異なるアカウントを持つことはできません。いかなる個人も複数のSISELビ
ジネスを保有する、運営する、あるいは複数のSISELビジネスから報酬を受け取ることは
できません。契約を行える成年に達し、同じ住所に居住する個人はSISELビジネスを開始
する、もしくは1つのSISELビジネスに対する利権を保有することができます。ただし、同じ
住所に居住する全てのディストリビューターは共通のアップラインを持つ、同じディストリ
ビューター組織内に所属している必要があります。ビジネスディストリビューターは、ひと
つを所有という規則の例外において、または相続により複数のビジネスを持つに至った
場合のディストリビューターについてはケースバイケースとして、考慮されます。規約の例
外の要求は、コンプライアンス部門(シズルインターナショナルAG)に書面で提出しなけ
ればなりません。

個別のアカウントを保持することが許可された場合、一方のアカウント実績に関係なく獲
得したすべての賞、表彰、褒賞、プロモーションなどを取得する権利を有します。

4.23.1 家族または提携者の行為

ディストリビューター契約の規定に反することになる何らかの行為に、ディストリビュー
ターの現行世帯のいずれかのメンバーが関与している場合、ディストリビューターによっ
て行われた場合には、その行為はディストリビューターによる違反行為とみなし、SISEL
はディストリビューターに対し、方針書に従って懲戒処分を課すことができます。同様に、
何らかの形で企業、パートナーシップ、信託及び企業合同(トラスト)、またはその他の事業
体と関係を有する個人(総称して「提携者」といいます)がディストリビューター契約書に
違反した場合、その行為はその事業体による違反行為とみなし、SISELは事業体に対し
懲戒処分を課すことができます。

4.24 再包装と再ラベリングの禁止

ディストリビューターは、どのような形であれ、SISELの製品、情報、プログラムの再包装、
再ラベリング、詰め替え、ラベル変更を行うことはできません。SISELの製品は、必ず元来
の容器に入った状態で販売しなければなりません。上記のような再ラベルや再包装は、国
内法、連邦法、または州法に違反する可能性があり、厳しい刑事罰を受ける結果になりか
ねません。また、再包装または再ラベリングが原因で、製品を使用した者がいずれかの種
類の怪我を負ったり、その使用者の資産に損害が及んだ場合には、刑事上及び民事責任
が発生する可能性があることもディストリビューターは承知しているものとします。再販
売用に分類されていない製品を購入するディストリビューターは、製品を再販、再ラベル
付けまたは再パッケージすることはできません。

4.25 記録の要請

ディストリビューターがインボイス、申込書、グループ活動レポート(注4.9.2参照)、また
はその他の記録のコピーを要請する場合には、1部あたりUS$1が必要になります。この
料金は、送料およびファイルを調べて記録をコピーするのに必要な時間をまかなうための
ものです。

ディストリビューターは、ダウンライン活動報告書の印刷記録要求の理由を確認させてい
ただく場合があります。

※日本では適応されておりません。

4.26 マーケティング組織のスライド

SISELビジネスの解約などによってマーケティング組織内に空席が発生する場合には、ビ
ジネス解約日にビジネスを解約したディストリビューターの直下の第一レベルの各ディス
トリビューターは当該ディストリビューターのスポンサーの第一レベル (フロントライン)
に移動します。例えば、AがBのスポンサーとなり、BがC1, C2そしてC3のスポンサーに
なる場合にBが自身のビジネスを解約する場合はC1, C2そしてC3はAに「ロールアップ」
され、Aの第一レベルの一部となります。当該ディストリビューターが会社に損害を与えて
いる場合、SISELはそのポジションに発生するコミッションを回収することで損害を補填
するために解約したディストリビューターのポジションを保持する権利を留保します。さら
に、SISELはそのポジションを別の個人に売却もしくは譲渡する権利も保持しています。

4.27 SISEL ビジネスの売却、移譲、または譲渡

4.27.1 一般規定

SISELビジネスは個人所有の独立運営ビジネスですが、SISELビジネスの売却、移譲、ま
たは譲渡には一定の制限が課せられます。ディストリビューターが自分のSISELビジネス
を売却したい場合には、以下の基準を満たしていなければなりません。

A)スポンサーシップの既存ラインを常に保護状態にして、スポンサー資格の既存ライン
でSISELビジネスが引き続き運営されるようにしなければなりません。

B)以下の第4.27.2条に記載されているように、売却するディストリビューターのアップライ
ンのディストリビューターにビジネスを購入しないか申し出なければなりません。

C)購入者または譲受人は、認定SISELディストリビューターでなければ(または認定
SISELディストリビューターにならなければ)なりません。購入者が現役のSISELディ
ストリビューターである場合、そのディストリビューターはまず、新たなSISELビジネス
の権益の購入、移譲、譲渡または取得と同時に自らのSISELビジネスを解約しなけれ
ばなりません。

E)売却するディストリビューターは、SISELビジネスを売却、移譲、または譲渡する資格
を得るためには、優良ディストリビューターで、ディストリビューター契約のいずれの条
項にも違反していない者でなければなりません。

売却するディストリビューターは、SISEL IDを売却する前に、SISEL IDを売却する意思
をSISELのコンプライアンス部門へ通知し、以下の第4.27.2条で概説されているように、
自分のアップラインにいるディストリビューターにビジネスを購入しないか提案しなけれ
ばなりません。ダウンラインの販売または譲渡の許可は、SISELの単独裁量の範囲内
です。

4.27.2 第一先買権

ディストリビューターが自分のIDおよび組織を売却したい場合には、ディストリビュー
ターは、当初、他の購入者に提供される同条件でディストリビューター組織を当社に販売
することを提案しなければならない。当社がディストリビューターシップを購入しない場
合、ディストリビューターのスポンサーは、そのディストリビューターのスポンサーに、ビジ
ネス購入の優先権および先買権を書面で付与し、ならびに、受領通知付き配達証明郵便
で送付しなければなりません。そのスポンサーがビジネスの購入を希望した場合には、購
入されたビジネスはそのスポンサーのビジネスと統合され、単一のビジネスが構築される
ことになります。そのスポンサーが、売却するディストリビューターの売却意思の通知を受
けてから10営業日以内に、売却するディストリビューターにダウンライン購入の意思を通
知しなかった場合には、売却するディストリビューターは、(売却するディストリビュー
ターのすぐ上のディストリビューターから始めて継続して)ダウンラインを購入しないか、
売却者のスポンサーのすぐ上のアップラインにいるディストリビューターのトップ3人に、
売却者のスポンサーに付与される選択権で定められたものと同じ条件で提案しなければ
なりません。アップラインのディストリビューターが、売却するディストリビューターのビジ
ネスの購入を希望した場合、購入するディストリビューターはまず別のIDを購入する前
に、自分のIDを売却するか自分のディストリビューター契約を解除しなければなりま
せん。

アップラインのディストリビューター3人がそれぞれ、売却するディストリビューターの売
却意思の通知を受けてから10営業日以内に、売却するディストリビューターにビジネス
購入の意思を通知しなかった場合には、売却するディストリビューターは、売却者のスポ
ンサーへの提案時に提示されるものと同じ条件で既存のビジネスを購入したいと考えて
いる第三者への売却を進めることができます。SISELは、新たに提出されたディストリ
ビューター契約を拒否するのと同じ方法で、譲受人、譲受人または購入者を拒絶する裁
量権を自らの裁量で留保します。購入者、譲受人、または受託者は、ディストリビューター
契約(または、現役のSISELディストリビューターの場合は移譲契約)を締結しなければ
ならず、また、売却するディストリビューターと同じ階級および身分のSISELディストリ
ビューターの義務を十分に果たせる妥当な能力を有していなければなりません。

売買契約および新しいディストリビューター契約の締結が完了したら、両当事者は、審査
および承認を受けるために、そのコピーをSISELのコンプライアンス部門へ提出しなけれ
ばなりません。SISELは、売却者と購入者間の取引を分析するために必要と思われる追加書類を求める権利を留保します。コンプライアンス部門は、両当事者から必要書類をす
べて受領してから30日以内に、売却、移譲、または譲渡を承認または否認します。当該す
る国は、コンプライアンス部が売却を承認するまで資金を譲渡したり、売却を完了したと
みなしてはなりません。売却者が、売却者のスポンサーに提案する場合の規定条件と異な
る条件で、自らのIDを売却、移譲、または譲渡するか、売却、移譲、または譲渡しようとした
場合、その移譲はSISELの裁量で無効にできるものとします。さらには、両当事者が取引
に関してSISELの承認を得られなかった場合にも、その移譲はSISELの裁量で無効にで
きるものとします。既存のビジネスの購入者は、売却したディストリビューターの義務およ
び地位を引き受けることになります。自らのIDを売却するディストリビューターは、少なく
とも購入から満6ヶ月の間は、SISELディストリビューターとして再申し込みをする資格を
得られないものとします。

4.28 SISEL ビジネスの分離

SISELディストリビューターは、夫婦によるパートナーシップ、通常のパートナーシップ、法
人、または信託及び企業合同(トラスト)の形でSISELビジネスを運営する場合もありま
す。結婚生活が終わりを迎えて離婚することになったり、法人、パートナーシップ、または信
託及び企業合同(トラスト)…(この3種類の事業体を総称して「事業体」といいます)が解
散されたりするような時には、スポンサーシップのアップまたはスポンサリングされている
グループの他のビジネスの権益や収益に悪影響が及ぶことなくビジネスの分離または分
割が行われるように手配しなければなりません。分割を行う当事者が他のディストリ
ビューターおよび当社の最大の利益を図らなかった場合には、SISELは不本意ながらも
ディストリビューター契約を解除し、第4.26条に従ってその当事者の組織すべてをスライ
ドさせます。当事者は、離婚係争中、または事業体の解散係争中に、以下の運営方法のう
ちの1つを選ばなければなりません。

A)1人の当事者が、他の当事者の了承を得たうえで、書面による譲渡に従ってSISELビジ
ネスを運営することができる方法。これにより、放棄した配偶者、株主、パートナーまた
は受託者は、相手方の配偶者または、放棄していない株主、パートナー、もしくは受託
者に直接的かつ単独で対応する権限をSISELに付与します。

B)当事者が継続してSISELビジネスをこれまでどおり共同で運営できる方法。この際、
SISELから支払われる全報酬は、当事者間で自主的に合意したとおりに、分割される
各ディストリビューターの連名で、または事業体の名称で支払われます。

C)ビジネスの分割方法に関して、離婚または解散の係争中に当事者が相互に合意でき
ない場合には、離婚または解散の申請前に、当社が現状に従ってビジネスを処理する
ものとします。

4.29 スポンサー活動

優良な現役ディストリビューターにはいずれも、他の人々をスポンサーしたり、SISELに登
録させたりする権利があります。愛用会員またはディストリビューター候補の各自には、自
分のスポンサーを選ぶ絶対的な権利があります。2人のディストリビューターが同じ新規
ディストリビューターまたは愛用会員のスポンサーであると主張した場合、当社は最初の
申請が間違って提出されたことを30日以内に書面により証明しない限り、当社が最初に
受領した申請の方をスポンサーとみなすものとします。

4.30 不正行為

「不正行為」は固く禁止します。「不正行為」という用語には、(A)締結後速やかに、個人
ディストリビューター申込書および契約書をSISELに送信しなかったり、保持したりする
こと、(B)SISELのマーケティングおよびコンペンセーションプログラムに従った報酬を最
大化する目的で、個人ディストリビューター申込書および契約書を発行または操作するこ
と(C)SISELのマーケティングおよびコンペンセーションプログラムに従った報酬を最大
化する目的で、新規ディストリビューターに資金提供を行うこと、(D)1世帯あたり1つのビジネスというルールに違反すること、および(E)架空の個人または事業体をSISELのコ
ンペンセーションプログラムに登録することが含まれます。これらの不正行為においては
法律に抵触する可能性もあります。不正行為の証拠が認められた場合は、セクション9に
よるディストリビューター契約終了を含む懲戒をもたらす可能性があります。

4.31 相続

ディストリビューターが死亡したり、行為能力を喪失した場合には、当社は、相続人また
は後継者について、本契約書に記載されているディストリビューターの義務を含め、その
利害関係を継承するための事前の手配がなされていない限り、ディストリビューター契約
を終了することができます。検証の後、ディストリビューターが自身の遺志もしくは遺言手
続等によって移譲可能となれば、相続人は次の資格が満たされている場合には、死亡し
たディストリビューターのマーケティング組織のすべてのボーナスおよびコミッションを
受け取る権利を取得します。

A)相続人は、現役のSISELディストリビューターであってはなりません。

B)相続人は、ディストリビューター契約を締結しなければなりません。

C)相続人は、ディストリビューター契約の条件および規定を遵守しなければなりません。

D)相続人は、死亡したディストリビューターに代わるための条件をすべて満たしていなけ
ればなりません。

本条に従って移譲されたSISEL事業のボーナスおよびコミッションは承継者に支払いま
す。なお、取得したボーナスの納税証明書の提出をしていただきます。承継者はSISELに
「住民登録上の住所」をSISELに提供しなければなりません。ビジネスが共同承継者に遺
贈された場合には、共同承継者は、代表者を選任し、SISELに届けなければなりません。
SISELはすべてのボーナスをその代表者に発行します。SISELは承継問題が解決される
までディストリビューターのアカウントを停止する権利を有します。SISELはまた、新たに
提出されたディストリビューター契約の拒否に関して、セクション4.31およびそのサブセ
クションに基づき、譲受人、譲受人または後継者を拒絶する裁量権を保持します。

4.31.1 ディストリビューターの死亡による移譲

遺言によるSISELビジネスの移譲を成立させるためには、承継者は(1)死亡証明書の原
本、(2)承継者のSISELビジネスに対する権利を証明する遺言書またはその他の法律文
書の公正な写し(3)適切な政府機関またはディストリビューターによる意思の譲渡また
は証明を認める裁判所命令、(4)記入および署名済みのディストリビューター契約書を
SISELに提出しなければなりません。

4.31.2 ディストリビューターの行為能力の喪失による移譲

行為能力の喪失によるSISELビジネスの移譲を成立させるためには、成年後見人は
SISELに提出しなければなりません。(1)行為能力逸失の法的書類、および裁判所の決
定書の写し(2)裁判所(または米国外の同様の法的機関)による委託者または保護者と
しての任命の公証人のコピー。(3)受託者の、SISELビジネスを運営する権利を証明する
信託書類またはその他の書類の公正な写しおよび(4)受託者が署名した記入済みの独
立ディストリビューター資格申請書をSISELに提出しなければなりません。

4.32 電話勧誘

多くの国および地域には、電話勧誘活動を制限する法律および規制があります。電話勧
誘においては、自動電話ダイヤルシステムやランダム電話リストダイヤルの使用など、電話
を使用して製品を販売、宣伝、ビジネス宣伝することを意味します。ディストリビューター
は、ビジネス活動を行っている各国および地域で電話勧誘に適用される法律および規制
を遵守しなければならず、また自らの行為に対する責任を負います。さらに、ディストリビューターは、SISELビジネスの運営に関連して、当社は、一般的なビ
ジネストレーニングを提供していますが、当社の事業および知的財産権を保護するため
に必要な場合を除いて、ディストリビューターが日常業務を行う手段または方法を指示す
るものではありません。そのため、ディストリビューターは、ビジネス分野で適用されるテ
レマーケティング法規を遵守する責任があります。

4.33 一般的なリリース:写真、オーディオ、ビデオなど

SISELとの契約の一環として、ディストリビューターは、プロモーション用ビデオ、スライ
ド、写真をマーケティング目的でのディストリビューター名、肖像画像が無条件に許可さ
れます。この許可は、画像、ビデオ、オーディオおよび同様のもの全部または一部を宣伝、
放送、および再放送する永久的且つ世界的権利を含み、ディストリビューターはこの権利
での報酬を受けることはありません。写真、ビデオ、オーディオ、またはこれらの取得を個
人的に、または企業イベントと併せて提出することにより、それらのコンテンツはSISELの
財産となり、返却されず、ディストリビューターの許可または承認なしにSISELは使用前
にそれらコンテンツを編集することができます。この条項は、本契約の終了後も存続しま
す。ディストリビューターが写真を撮ったりビデオに映したりすることに対する道徳的、宗
教的、またはその他の異論を持っている場合、ディストリビューターは、写真やビデオが撮
影された際にSISELのスタッフに通知する必要があります。

5 ディストリビューターの責任

5.1 住所、電話または E メールの変更

製品、サポート資料、ボーナス関連通知を適時に送付できるようにするためには、SISEL
のファイルを最新のものにすることが非常に重要です。発送の際には所在地住所が必要
になります。宅配企業は私書箱に配達することができないためです。引っ越す予定のある
ディストリビューターは、新しい住所および電話番号をSISELカスタマーサービス宛てに
送付するものとします。適切な送付を保証するために、2週間前にあらゆる変更に関して
SISELに通知しなければなりません。住所変更の通知書を1回以上SISELに提出した場
合には、過去の通知書よりも最新の通知書が優先されます。変更の処理は、SISELが通知
を受領してから30日かかります。ディストリビューターが十分な事前変更通知を怠った場
合、SISELは誤住所で配達不能または配信不能になっているメールの責任を負いませ
ん。ディストリビューターは、カスタマーサービスへ最新の情報を伝えることが重要とな
り、場合によっては誤送信等に掛かった費用を負担していただくこととなります。

5.2 ディストリビューター及びスポンサーの責務

5.2.1 持続的な養成

別のディストリビューターをSISELにスポンサーするディストリビューターはいずれも、誠
実な支援および養成責務を果たして、自身のグループのディストリビューターがSISELビ
ジネスを適切に運営するようにしなければなりません。ディストリビューターは、自分のグ
ループ組織内のディストリビューターと継続的に連絡およびコミュニケーションを取らな
ければなりません。この連絡およびコミュニケーションの例としては、ニュースレター、通
信文書、個人的会合、電話連絡、ボイスメール、電子メール、および、グループのディストリ
ビューターがSISELミーティング、研修会、およびその他のイベントに出席する際の同行
が挙げられますが、これらに限定しません。アップラインディストリビューターはさらに、新
規ディストリビューターの意欲を高め、SISEL製品に関する知識、効果的な販売テクニッ
ク、SISELのハイブリッド・コンペンセーションプログラム、および当社の規定および手続
きの遵守について、彼らを教育する責任も負います。ただし、グループのディストリビュー
ターとのコミュニケーションおよび彼らの教育に際しては、第4.2条(ディストリビュー
ター製作のセールスエイドおよびプロモーション資料の作成に関する条項)に反してはな
りません。ディストリビューターは、自らのグループ組織内のディストリビューターを監視
して、自身のグループのディストリビューターが不適切な形で製品またはビジネスをアピールしたり、違法または不適切な行為に関与したりしないようにしなければなりませ
ん。すべてのディストリビューターは、要請に応じて、スポンサーの責任の継続的な履行を
証明する文書をSISELに提供できるようにしなければなりません。

5.2.2 増大する養成責任

ディストリビューターはさまざまなレベルのリーダーシップを通じて進化していくため、販
売テクニック、製品知識、SISELプログラムに対する理解をますます熟練させていきます。
彼らは、組織内における経験の浅いディストリビューターとこの知識を共有してほしいと
いう依頼を受けることになるでしょう。

5.2.3 持続的な販売責任

ディストリビューターには、その達成レベルに関わらず、新規愛用会員の人達を通じて、お
よび、既存愛用会員へのサービス提供を通じて、ならびに、グループ内のアップラインスポ
ンサーとして、月ベースで個人的に販売を促進させ続ける継続的な義務があります。愛用
会員およびグループ内のディストリビューターに適切にサービスを提供しないと、ディスト
リビューター権が解除または一時停止される場合もあります。この解除または一時停止
についてはSISELが単独で決定を行います。

5.3 非難の禁止

SISELは、現場でディストリビューターが当社、当社の製品、またはコンペンセーションプ
ログラムについて述べた前向きな意見、コメント、および批評を歓迎しますが、これらが、
他のSISELディストリビューターの熱意をそぐものであってはなりません。この理由から、
そして、グループ内のディストリビューターに適切な手本を示すためにも、ディストリ
ビューターは、SISEL、他のSISELディストリビューター、SISELの製品、マーケティングお
よびコンペンセーションプログラム、またはSISELの重役、役員、または従業員について非
難したり、名誉を傷つけたり、否定的なコメントを述べたりしてはなりません。

5.4 申込者への書類の提供

ディストリビューターは、申請者がディストリビューター契約に規約、ならびにコンペン
セーションプログラムの最新版を、その申込者がディストリビューター契約書に署名する
前に提供しなければなりません。契約するつもりのない意思表示をしている相手の方に
勧誘の継続や再度の来訪による勧誘は禁じられています。法律に準拠した勧誘を徹底
し、再勧誘規制に基づき「断られたら引く」姿勢を持ち活動を行ってください。概要書面と
独立ディストリビューター資格申請書、および規約の追加は、SISELから入手(購入)する
ことができます。

さらに、ディストリビューターは、新規ディストリビューターへ、製品の注文、(フォーム
101)、愛用会員登録申請書(フォーム102)、ACH(自動クリアリングハウス)申込書
(フォーム104)など、追加の用紙は、SISELから入手するか、または表示に従い、コピーし
てご利用ください。

5.5 規定違反の報告

別のディストリビューターによる規定違反を監視しているディストリビューターは、違反
報告書をSISELのコンプライアンス部門の担当者に直接提出するものとします。報告書に
は、年月日、発生件数、関係者、解説文書、資料といったものも含め事件の詳細を記載す
るものとします。告発はすべて、書面でSISELのコンプライアンス部門へ提出しなければな
りません。しかしながら、ポリシー違反の虚偽の報告は、非倫理的行為と解釈され、虚偽
の報告を提出するディストリビューターに対して懲戒処分をもたらす可能性があります。

5.6 機密情報

ディストリビューターは、SISELの機密情報にアクセスすることができます。ディストリビューターに提供またはアクセス可能な系列表またはダウンラインレポート、顧客リス
ト、製造元情報、コミッションまたはセールスレポート、製品の原材料、およびその他の財
務情報およびビジネス情報が含まれます。

それらのすべての情報(電子形式、口頭形式、書面形式のいずれであっても)はSISELが
所有権を有します。各ディストリビューターは、明示的に許可されている場合を除いて、直
接的または間接的に、第三者にそのような機密または専有情報を開示しないことに同意
します。それらの機密情報は、本契約に従ってSISEL製品およびそのプログラムを宣伝す
るためにのみ使用されます。何らかの理由によりいずれかの当事者が本契約を解除、終
了、または終了すると、ディストリビューターはそのような機密情報の使用を中止し、所有
している機密情報を破棄または速やかにSISELに返却する必要があります。この条項は、
ディストリビューター契約の終了または満了後も存続します。専有または機密情報の開示
または誤用は、終了を含む懲戒処分につながる可能性があり、ディストリビューターは、か
かる情報の誤用または開示に対して個人的責任を負う可能性があります。

6 販売要件と制限

6.1 排他的地域なし

排他的な領域は誰にも与えられません。フランチャイズ料金は必要ありません。

6.2 販売レシート

インターネットを介して注文が行われる場合を除き、すべてのディストリビューターは、販
売時に2つ販売レシートを小売顧客に提供する必要があります。これらの領収書は、
SISEL製品(もしあれば)に対する顧客満足保証、ならびに適用法により与えられる消費
者保護の権利を明示するものです。ディストリビューターは、すべての小売売上領収書を
3年間保管し、要求に応じてSISELに提出する必要があります。ディストリビューターの小
売顧客の購入を記録は、SISELによって保存されます。ディストリビューターは、以下の情
報が各販売領収書に含まれていることを確認する必要があります。

(1)取引日。

(2)購入者が適用される法律または規則に基づいてキャンセル通知を出すことができる日。

(3)購入された製品、数量、価格および販売の総額および支払方法。

(4)顧客の氏名、住所、電話または電子メールアドレス。

(5)販売ディストリビューターの名前と住所。

顧客は、領収書の2部を受け取って、1部を保持し、もう1部を返品できるようにしなけれ
ばなりません。さらに、ディストリビューターは、購入者に自分の取消権(クーリングオフ)
を口頭で知らせる必要があります。インターネット上での販売については、保証、返品、お
よび消費者保護の権利とともに、領収書のコピーを顧客に提供する必要があります。

6.3 リーダーシップ・ランク

SISELのマーケティング/報酬プランのランクと表彰は保証されていません。特定のランク
または認定を取得した時点で、ディストリビューターがランクまたは認定を維持すること
は保証されません。同様に、ランクの昇進または認定の要件は、SISELの単独裁量で時間
の経過と共に変更される場合があります。

SISELは労せずに得たランクの昇進を認めず、一度達成された上位ランクを労せず維持
することをしません。

ディストリビューターは、他のディストリビューターにはないSISELエグゼクティブへのア
クセス権を持っていることを明示または暗示してはなりません。

7 ボーナス

7.1 ボーナスの受給資格

ボーナスの受給資格を得るためには、ディストリビューターは、本契約を遵守して活動し
なくてはなりません。本契約を遵守するディストリビューターには、マーケティングおよび
コンペンセーションプログラムに基づいてボーナスが支払われます。

7.2 ボーナスの調整

7.2.1 返品に関する調整

ディストリビューターには、ボーナスが支払われます。製品の返品によりSISELが返金ま
たは買い取りを行った場合、返品された製品に関わるボーナスは、返金が発生した月から
ボーナスの額に達するまで、ボーナスを受け取ったディストリビューター(アップラインと
グループの両方)から差し引かれます。

ディストリビューターが契約を終了する場合、ディストリビューターは、返品または返品さ
れた製品に対するボーナスまたは手数料について当社に返済する責任を負います。さら
に、ディストリビューターは、会社が処理してから30日以内に支払われなかった差引額に
ついて、コミッションの支払可能なディストリビューターから手数料などを差し引きます。

7.2.2 その他差引額(取扱手数料)

ボーナスおよびコミッション支払いを受けるために選択された方法に応じて、現在の報酬
プランに記載されている特定の取引に手数料が適用される場合があります。(概要書面、
契約書面を参照)

7.3 未請求のボーナスとクレジット

愛用会員やディストリビューターのクレジットは発生してから6ヶ月以内に使用しなけれ
ばなりません。未使用な状態で6ヶ月が超過した場合、SISELはディストリビューターまた
は愛用会員の住所宛に書面で毎月通知します。通知1回あたり、US$10(¥1,180)の手
数料がかかる場合もございます。この手数料は、ディストリビューターまたは愛用会員の
クレジットから差し引かれます。愛用会員がディストリビューターになることを選択した場
合、愛用会員アカウントは自動的に終了されます。その愛用会員が獲得したポイントは譲
渡できません。愛用会員が獲得したポイントの残高は、アカウントの解約に先立って使用
する必要があります。

7.4 PV の確認(報告)

SISELは、個人またはグループの売上高などのPVの情報をオンラインや電話で提供し、ス
ポンサー活動が正確で信頼できるようにするものとします。ただし、人的ミスや機械のミ
ス、注文の正確性、完全性、迅速性、クレジットカードや電子マネーによる決済拒否、返
品、クレジットカードや電子マネーでの返金などのさまざまな要因により、SISELおよび情
報の作成者または伝達者は、情報の内容を保証するものではありません。

個人やグループの売上高に関する情報は、その時点での情報であり、明示または暗示の
保証をすることなく提供するものです。また、市販性、特定目的との適合性、第三者の権利
を侵害していないことを保証するものではありません。

適用される法律が許す範囲で、情報を作成または伝達するSISEL個人は、個人またはグ
ループの売上高情報(情報の不正確性、不完全性、不便、遅延、欠落の結果発生した損
失、ボーナス、コミッション、機会損失、損害を含む)の使用によって発生した直接的、間接
的、結果的な付随的損害、特別損害、懲罰的損害賠償金の責任を、通達された場合を含
め、いかなる場合も負わないものとします。適用される法律が許す範囲で、情報を作成ま
たは伝達するSISELまたは個人は、不法行為、契約、過失、厳格責任、製品責任、本契約
に関するその他見解について、一切の保証、責任または義務を負わないものとします。SISELのオンラインおよび電話によるレポートサービスは、自己責任にてご利用ください。
SISELが提供する情報は、「現状のまま」で提供されます。情報の正確さや品質に満足い
ただけない場合、SISELのオンラインおよび電話によるレポートサービスのご利用を中止
することが唯一の方法です。

8 製品の保証と返品など

8.1 製品保証

SISELは、SISELの水素水生成器を除き、期限切れではなく、再販売可能なすべての製品
について、愛用会員、小売顧客、およびディストリビューターに対して、30日間の返金保証
(10%の取扱手数料をのぞく)を提供します。返品商品に支払われた手数料およびボーナ
スは、ディストリビューターの報酬およびアップラインの手数料、ボーナス、リベート、払い
戻しまたはその他のインセンティブから控除されます。それは返還ができません。

8.1.1 製品満足度返品 30 日

SISELディストリビューターが個人使用のために製品を購入する場合、当社はSISELの
水素水生成器を除き、再出荷可能製品について30日間の返金保証(10%の取扱手数料
をのぞく)を提供します。ディストリビューターが12ヶ月間に$300を超える製品を返却し
たい場合、返品は在庫の買い戻しとみなされ、当社は第8.2項の条件に従って再販可能な
在庫を買い戻し、ディストリビューターの契約は取り消されるものとします。

8.1.2 ディストリビューターによる返品 (個人小売先顧客によって返品される製品)

小売顧客が製品を購入したディストリビューターに返品する場合、ディストリビューター
は再出荷可能な条件であれば、交換のために返品したり、10%の再梱包手数料を払い戻
したりすることなく交換することができます。 小売顧客が返却するすべての製品は、購入
日から小売顧客にディストリビューターが渡した返品依頼書、納品書とともに、注文日か
ら30日以内に当社に返却する必要があります。

8.2 ディストリビューター解約による在庫および製品およびセールスエイドの返却

※ 特定商取引法に準ずる(日本非掲載項目)。

8.3 すべての製品返品の手順

A)全ての製品はそれをSISELから直接購入したディストリビューター、愛用会員、もしく
は小売顧客が返品する必要があります。

B)返品する全製品でカスタマーサービスに電話をすることで、製品の返品が可能となり、返
品する際に伝票に記載します。

C)製品を返品する場合には以下もあわせて返送すること。

i)記入及び署名済みの返品フォーム

ii)日付が記載された小売販売領収書原本のコピー

iii)元の容器に入った製品

D)ディストリビューターは製品を適切に梱包し、送料を支払うものとする。交換用に返品
する製品を梱包する場合には適切な梱包材を使用してください。ディストリビューター
は発送中に紛失もしくは損傷が発生した全ての製品に対して責任を負う必要がありま
す。返品する全ての製品は送料元払いでSISELに返送し、SISELは送料着払いの荷物
を受け付けません。返品する製品の発送中の損失はディストリビューターが負担しま
す。SISELが返品された製品を受領していない場合、ディストリビューターが当該製品
を追跡する責任を負います。ディストリビューターが小売顧客によって返品された製品をSISELに返品する場合、当該製品は小売顧客がディストリビューターに返品した日
から10日以内に再販可能な状態でSISELに受領される必要があります。顧客が返品
した製品にも販売時点でディストリビューターが小売顧客に発行した販売領収書を
添える必要があります。

8.4 交換製品

開封シールが破損している、もしくは何らかの形で改ざんされた形跡がある場合、検査も
しくは使用の結果、損傷が判明した場合には製品を使用してはいけません。出荷中に損傷
した製品は納品時点で受け取りの拒否をしてください。ディストリビューターが損傷製品
を運送会社に返品できない場合、SISELカスタマーサービスに10日以内に通知をしてく
ださい。会社の出荷ミスがあった場合にはSISELカスタマーサービスへ10日以内に通知
してください。SISELは可能な限り損傷製品もしくは出荷ミスのあった製品を新品と交換
します。交換が不可能な場合、SISELは返品がSISELによる出荷ミスやその他のミスが原
因である場合を除いて、10%の返品手数料を差し引いた返品製品の金額を返金します。
これらの各条件が満たされていない場合には返金や製品の交換は行われません。

9 紛争解決および懲罰

9.1 懲罰

ディストリビューターによる契約違反、本ポリシー及び手順違反、あるいは何らかの形の
違法行為、詐欺的行為もしくは非倫理的な行為がある場合にはSISELの裁量によって以
下の1つ以上の是正措置の対象となる可能性があります。

A)警告書もしくは訓戒書の発行。

B)ディストリビューターに対して即時の是正措置の実施を要求する。

C)罰金を課する。この罰金はボーナスやコミッション小切手から差し引かれる可能性が
ある。

D)1つ以上のボーナス及びコミッションに対する権利の喪失(法律によって禁止されてい
る場合は除く)。

E)SISELによる契約違反の疑いのある行為の調査実施期間中にディストリビューターの
ボーナス及びコミッションの全部もしくは一部の支払いを保留する。規律上の理由で
ディストリビューターのビジネスが解約される場合、ディストリビューターは調査期間
中に支払いを保留されたコミッションを回収する権利を持たない (法律によって禁止
される場合は除く)。

F)当該個人のディストリビューター契約を1回以上のコミッション期間停止する。

G)ディストリビューター契約の強制解約

H)契約上のいずれかの条項において明確に許可されている、あるいはSISELがディスト
リビューターによるポリシー違反や契約違反によって発生した損害を公平に解決する
ために現実的かつ適切とみなすその他のあらゆる措置。SISELが適切とみなす場合に
はSISELは金銭的救済及び衡平法上の救済、法令遵守もしくは是正目的で法的措置
を取る場合がある。本契約はディストリビューターとSISELを保護することを意図して
いる。本契約を意図的に迂回して直接的に行うことのできない行為を間接的に達成す
るディストリビューターはポリシーの直接的な違反があった場合と同様の懲戒の対象
となる。本ポリシー及び手順はディストリビューターが別のディストリビューターに対
してポリシーを執行する権利を与えることは意図しておらず、またそのような権利を与
えることはない。

9.2 苦情

SISELディストリビューターシップに関する慣行もしくは行為に関してあるディストリ
ビューターから別のディストリビューターに対する苦情やクレームがある場合、クレーム
を申し立てるディストリビューターは最初に問題を当事者のスポンサーに報告し、このス
ポンサーが問題を検証し他方当事者のアップラインスポンサーとの間で解決を試みます。
問題が解決できない場合、SISELのコンプライアンス部門に書面で報告します。コンプラ
イアンス部門は事実を検証し、苦情もしくはクレームの解決を試みます。それでも問題が
解決できない場合、紛争解決委員会(以下で定義)による最終的な検証と決定が行われ
ます。

9.3 紛争解決委員会

紛争解決委員会 (“DRB”)の目的:

(1)懲戒処分に対する異議申し立ての検証

(2)SISELディストリビューター間の未解決のクレーム、苦情及びその他の問題の検証。コ
ンプライアンス部門が提案する回答や示談内容が拒否される、もしくはその他の形で
未解決のままとなっている場合、DRBは証拠の検証と審議を行い、現在未解決の複
数の問題に対してまとめて回答を行う。

ディストリビューターは以下いずれかの日付から7営業日以内に電話による聴聞会、もし
くは本人が直接出席する聴聞会の開催を書面で要請することが可能である。

(1)SISELによる懲戒措置が書面で通知された日。

(2)ディストリビューター間の紛争に関してコンプライアンス部門の決定書面が発行され
た日。

紛争を解決する目的で取り交わされるSISELとディストリビューター間の全ての通信は
必ず書面で行う必要があります。ある請求を紛争の内容として受け入れ検証の対象とす
るかどうかはDRBの裁量の範囲内です。DRBが問題の審議を行うことに同意する場合、
ディストリビューターの書面による要請を受領してから30日以内に聴聞会を開催する必
要があります。

ディストリビューターがDRBによる審議を希望する全ての証拠 (例:文書、証拠物件等)
は聴聞会の日付から7営業日前にSISELに提出する必要があります。ディストリビュー
ターは当事者の出席と証拠の提出そして当事者が聴聞会への出席を希望するあらゆる
証人の出席に関する全ての経費を負担するものとします。DRBの決定は最終的なもので
あり、それ以上の追加の検証は行われません。DRBによる請求の審議中にはディストリ
ビューターは仲裁やその他の救済措置を要求する権利を放棄します。懲戒処分後に懲戒
を受けたディストリビューターはDRBに対して異議を申し立てることが可能です。ディスト
リビューターは書面による異議申し立てを資格停止通知日から15日以内にSISELに提
出する必要があります。この15日の期間内にSISELが異議申し立てを受領しない場合、
懲戒処分が決定します。ディストリビューターは当事者の異議申し立て書類とともに全て
の証拠文書を提出する必要があります。ディストリビューターが期限内に資格剥奪に対す
る異議申し立てを行う場合、DRBはこの問題について再審議を行い、その他の適切な措
置を考慮し、ディストリビューターに対して決定を書面で通知します。

9.4 仲裁

本契約、もしくは本契約の違反に関して発生するあらゆる紛争や請求は国際商業会議所
仲裁規則によって解決し、仲裁人による判決はかかる管轄権を持つあらゆる裁判所で登
録することができます。仲裁、司法的措置もしくはその他の措置で解決するかどうかに関
係なく全ての問題の審議は英語で実施します。ディストリビューターは陪審裁判もしくは
あらゆる裁判所に対する権利を放棄します。SISEL International, LLCに関してアメリカ合衆国内で発生する裁判はユタ州のソルトレイクシティで開催します。SISEL
International AGに関して発生する全ての仲裁はスイスのチューリッヒで開催します。全
ての当事者はアメリカ仲裁規則、もしくは国際商業会議所仲裁規則に従って全ての開示
手続きに対する権利を持ちます。両当事者が承認する、可能であれば直接販売業界に関
する知識が豊富でビジネス法を専門とする弁護士1名を仲裁人とします。勝訴当事者は
敗訴当事者から法的費用や出願料を含めた仲裁の費用と経費を回収する権利はなく、各
当事者は費用と経費を自己負担することに同意します。仲裁人の決定は最終的なもので
両当事者に対して拘束力を持ち、必要であれば管轄権を持つ裁判所の判決とすることが
できます。この仲裁に対する合意は本契約の解約や終了後も効力が継続します。本ポリ
シー及び手順の内容によってSISELが管轄権を持つあらゆる裁判所から差し押さえ令
状、 暫定差し止め命令、予備的差し止め命令、恒久的差し止め命令、もしくは仲裁やその
他の手続の申請前、申請中、もしくは申請後、そして仲裁やその他の手続に関する判決や
裁定前にSISELの利益を守るために利用できるその他の救済措置を申請して取得するこ
とが妨げられることはありません。同じように、仲裁要件の例外としてSISELはユタ州に所
在する適切な裁判所でディストリビューターに対して著作権、商標、もしくはその他の知
的財産権の侵害を訴える請求もしくは訴訟を提起することが可能です。この場合の準拠
法、裁判地及び管轄権はユタ州となります。

9.5 準拠法、司法管轄及び裁判地

仲裁の対象となるあらゆる事項の管轄権及び裁判地はディストリビューターが居住する
州や国の法律でそのような州や国の法律を適用することが明確に要求されている場合を
除いてユタ州のユタ郡であります。両当事者では本契約はユタ州ユタ郡で締結されたもの
とみなされ、ディストリビューターが居住する州もしくは国の法律によってそのような州や
国の法律の適用が明確に要求されている場合を除いてアメリカ合衆国ユタ州の法律が本
契約に関するその他全ての事項を統治することに合意します。

9.6 訴訟の時間制限

SISELは、違反の疑いのある日から1年以内に、同意書に記載されていない契約条件の違
反があれば、それを審査しません。1年以内に違反を報告しなかった場合、SISELは失効
した請求がディストリビューターの継続的な事業活動を混乱させないようにするため、
SISELはその請求を追及しません。すべての違反の報告は書面で行われ、SISELのコンプ
ライアンス部門に送付されなければなりません。同様に、ディストリビューターは、SISEL
またはその関連会社に対して契約に関連する行為またはそれに同等な行為を、1年以内
に提起されなければならないことに同意します。1年以内に行うことができない場合、弁
護士を通じて行うものとします。ディストリビューターは、他の法令の制限を適用するため
のすべての請求または権利を放棄します。

10 注文

10.1 愛用会員

ディストリビューターは小売顧客にSISEL愛用会員登録を紹介することを奨励されます。
顧客はSISELカスタマーサービス電話、もしくはSISELウェブサイトもしくは自身の
SISELディストリビューターの公式Webサイトからオンラインで発注を行うことができま
す。SISELは注文された製品を顧客に直接発送します。ディストリビューターが適切な販
売数量を受領していることを確認するために、小売顧客はディストリビューターID番号を
使って発注を行う必要があります。さらに、愛用会員はサインアップを行うことで事前に選
択されたSISEL製品を毎月自宅に自動で配達させることも可能です (自動配送プログラ
ム)。

10.2 製品購入

各ディストリビューターはSISELから直接製品を購入するものとする。ディストリビューターが別のディストリビューターもしくはその他から製品を購入する場合、購入を行う
ディストリビューターはその購入に関連するパーソナルボリュームを受領することはでき
ません。本項に違反した場合は9条で明記する懲戒の対象となる可能性があります。

10.3 注文に関する一般規定

発注で支払いが無効、もしくは不正確な場合、SISELは電話及び郵便あるいは電子メー
ルでディストリビューターに連絡して支払いの回収を試みます。5営業日後にこのような
回収の試みが失敗に終わる場合、注文は未処理のまま返却されます。送料着払いの注文
は受け付けません。SISELには最低注文数量は存在しません。製品とセールスエイドツー
ルの注文は統合することが可能です。

10.4 配送と取り寄せに関する規定

SISELは通常は注文受領日から7日以内に製品を出荷します。SISELはその時点で在庫
のある注文のあった製品を速やかに出荷します。ただし、注文された製品の在庫がない場
合、取り寄せの対象となり、SISELが追加在庫を受領した時点でディストリビューターに
発送されます。ディストリビューターはインボイス上で当該製品の販売が停止された旨を
通知された場合を除いて取り寄せ製品に関して料金を請求され、パーソナルボリュームを
与えられます。SISELは製品が取り寄せ対象であり、注文日から30日以内に出荷できる
見込みがない場合にはディストリビューターと愛用会員に通知します。概算出荷日も提示
されます。愛用会員もしくはディストリビューターの依頼がある場合には取り寄せ対象の
製品をキャンセルすることが可能です。愛用会員とディストリビューターはキャンセルした
取り寄せ製品に関して返金アカウント上での入金、もしくは製品の交換を要求することが
可能です。返金を要求する場合、返金のあった月に当該ディストリビューターのパーソナ
ルボリュームから返金金額が差し引かれます。

10.5 注文の確認

ディストリビューターおよび注文の受取人は、受け取った製品が納品書の内容と一致し、
破損がないことを確認します。内容の不一致や破損が発送日の10日以内にSISELに通知
されない場合、ディストリビューターの訂正要求権限は無効になります。

11 支払いと発送

11.1 デポジット

顧客とディストリビューター間の支払いは、製品の発送時のみに行うこととします。ディス
トリビューターは、将来的な製品発送のデポジットとして、顧客からの金銭を受領できま
せん。

11.2 支払いについて

自動配送プログラムに参加しているディストリビューターは、毎月の自動配送注文の支払
いとして、各自の口座に十分な残高またはクレジット枠を用意しておく責任があります。
SISELは、残高またはクレジット枠の不足による自動配送注文のキャンセルが発生して
も、ディストリビューターに確認することはありません。注文のキャンセルにより、その月の
個人売上ボリュームを達成できなくなる場合がありますので、ご注意ください。

11.3 未払い金と返品返金

残高不足を起こしたディストリビューターの銀行に対する支払請求は再度試みます。再
請求の手数料の$25はディストリビューターの口座に請求されます。愛用会員またはディ
ストリビューターの残高不足後のすべてその後の注文は、クレジットカード、現金支払い
または小切手で支払う必要があります。 未収金の発生したディストリビューターによる
SISELの未払い残高は、その後のボーナスおよびコミッションから差し引かれます。いか
なる理由でもディストリビューターはクレジットカードでのご利用は出来ません。その際、ディストリビューターは、クレジットカードの対象返金を行うのではなく、当社の製品返品
規定に基づいて該当する製品分を返品する必要があります。ディストリビューターは、小
売顧客または愛用会員からの製品返品またはクレジットカード支払に伴う諸費用を当社
に支払う責任を負います。ディストリビューターが返品返金を開始する場合、セクション9
で概説されているように、懲戒処分を受ける可能性があります。

11.4 第三者によるクレジットカードの使用およびアカウントへのアクセスの制限

ディストリビューターは、他のディストリビューターまたは愛用会員がクレジットカードを
使用すること、または本人の支払口座またはe-ウォレット残高での払い戻しを、当社への
登録または製品購入の目的で許可することはできません。

ディストリビューターは、クレジットカード所有者の事前の書面による許可なく、他人のク
レジットカードを使用して製品注文を行うことはできません。

他のディストリビューターのために製品を購入する必要がある稀な状況では、SISELは
ディストリビューターから製品注文が行われる書面による許可を受けなければなりませ
ん。そのような書面による許可を当社の要請に基づいて作成しないと、注文の取消し、注
文に起因するボーナスの没収、その他の懲戒処分が生じる可能性があります。

11.5 消費税

SISELオポチュニティーに関する当社の理念の1つがディストリビューターを管理上、業
務上そしてロジスティクス上の問題から解放するという理念があります。これを行うこと
で、ディストリビューターは自身の収入に直接影響を与える活動に集中することができま
す。このため、SISELではディストリビューターの消費税の回収及び送金、消費税申告書
の提出そして消費税に関する記録の保管の負担を免除しています。SISELはその事業に
関してディストリビューターと愛用会員が行う全ての製品購入に対して消費税を請求し、
請求した税金を関連する税務当局に送金するよう求められます。従って、SISELは出荷の
目的地となる国、州もしくは地域で適用される税率に従って製品の小売価格に基づいて
ディストリビューターに代わって消費税を回収及び送金しています。ディストリビューター
が最新の消費税免除証明書及び消費税登録免許、あるいは国によって異なる類似の文
書を提出してSISELがこれを受諾している場合、消費税はインボイスに追加されず、ディス
トリビューターが消費税を回収して、適切な当局に送金する責任を負うものとします。消
費税の支払い免除は適切な免税書類が提出及び受諾されている州もしくは地域に注文
製品を出荷する場合にのみ適用されます。別の場所に直送される注文では適切な消費税
が請求されます。SISELが受諾する消費税免除には遡及的効果はありません。製品に対
する課税及び消費税の税率は国、州そして地域ごとに異なる点に注意が必要です。さら
に、様々な管轄権において多数の地方税(郡や都市)の適用が開始されています。これに
よって販売場所によってSISELのディストリビューターに対する請求額とディストリ
ビューターの小売顧客に対する請求額に食い違いが生じる可能性があります。このよう
な食い違いをSISELカスタマーサービス部に通知することで調整を行うことが可能です。
ディストリビューターは販売日、州、国、都市、販売場所の税率、合計小売販売金額、合計
追加課税金額、もしくは期日の到来したクレジットに関する情報を提供する必要がありま
す。各ディストリビューターは製品の課税可否と税率を把握する責任を負います。課税の
可否や税率について質問がある場合、適切な政府機関に連絡して支援を求めてくださ
い。本項は消費税に対してのみ適用され、ディストリビューターの所得課税には適用され
ません。

12 活動の停止と契約解除

12.1 契約解除の発効

ディストリビューターが、ディストリビューター契約、規約の条項に準拠して活動している
限り、SISELはそのディストリビューターに対し、マーケティングおよびコンペンセーショ
ンプログラムに基づいてボーナスを支払います。ディストリビューターのボーナスは、売り上げや営業努力に関わるあらゆる活動(自己のグループ組織の構築を含む)に支払われ
る対価です。ディストリビューター契約の非更新、契約解除による活動停止、自発的また
は強制的な契約解除が発生した場合(これらはすべて「契約解除」とみなされます)、当該
ディストリビューターは、活動していたマーケティング組織またはその組織による売り上
げから発生したコミッションやボーナスに対し、いかなる権利、資格、申し立て、所有権を
持つことはありません。ディストリビューター契約を解除したディストリビューターは、ディ
ストリビューターとしてのすべての権利を永久的に失います。この権利には、SISELの製
品を販売する権利、ディストリビューターの自己のグループ組織による売り上げその他の
活動によって将来的に発生するボーナス、その他の収入を受け取る権利が含まれます。契
約解除により、ディストリビューターは、グループ組織、およびそのグループの売り上げそ
の他活動から発生するボーナス、その他報酬を含めた(ただし必ずしもこれらに限定され
ない)一切の財産権を放棄するものとします。ディストリビューター契約が取り消された
ディストリビューターは、資格解約に先立って有効だった最後の全支払い対象期間(非自
発的キャンセル前に調査中に保留される金額を控除した額)の手数料およびボーナスを
受け取るものとします。

ディストリビューター契約の解除後は、そのディストリビューターはSISELのディストリ
ビューターとしての資格を失い、SISELの製品を販売できなくなります。ディストリビュー
ター契約を解除されたディストリビューターは、解除の前に活動を行なっていた最後の全
支払い期間に対してのみボーナスが支払われます(強制解除前の調査中に差し引き額が
あれば、これを差し引く)。

12.2 活動停止による解除

ディストリビューターは小売顧客に対して個人的な売上を生み出すことによって自身の
マーケティング組織に対して模範を示す責任を負います。このような模範を示してリー
ダーシップを発揮しない場合、ディストリビューターは自身のマーケティング組織から発
生する売上に基づくコミッションを受領する権利を失います。無活動によって資格を解約
されたディストリビューターは新たなディストリビューターシップを申請するまで6ヶ月間
無活動状態を維持する必要があります。ディストリビューターが12ヶ月連続して自身のダ
ウンライン組織内に少なくとも1名のスポンサーとなった活動中のディストリビューター
もしくは愛用会員を持たない場合、このようなディストリビューターのディストリビュー
ター契約は無活動によって自動的に解約されます。

12.3 強制的な解除

ディストリビューターのSISELによる修正を含めた本契約のいずれかの条件の違反があ
る場合、ディストリビューター契約の強制解約を含めた9.1条で明記するいずれかの懲戒
措置の対象となります。解約は書面による通知の投函日、電子メール送信日、ファクシミリ
送信日、宅配便によるディストリビューターの最後の登録の住所、もしくは弁護士への配
達日(ファクシミリ送信の場合はファクシミリ番号)、もしくはディストリビューターによる
実際の解約通知の受領のいずれかの内の最初に発生した日付に有効となります。また、
ディストリビューターによる破産申請、何らかの不正行為、重罪もしくは本契約に関する
その他の犯罪行為による有罪判決、あるいは本契約の義務の不履行や履行拒否がある
場合にも強制解約の対象となる可能性があります。

12.4 自発的解除

ディストリビューターもしくは愛用会員には理由に関係なく、いつでもSISELとの関係を
終了する権利があります。解約通知は書面でSISELに提出する必要があります。書面によ
る通知にはディストリビューターの署名、捺印、住所そしてディストリビューターのID番号
を記載する必要があります。受領日からディストリビューターシップの解約まで10営業日
かかります。コミッションとボーナスは上記の12.1条で明記する方法で計算されます。自
発的解約を行ったディストリビューターは新たなディストリビューターシップの再申請を
行うまで6ヶ月無活動状態を維持する必要があります。

12.5 契約の非更新

ディストリビューターは契約終了期日に契約更新を行わないことでも自発的解約を行う
ことが可能です。SISELがディストリビューター契約終了日に当該契約の更新を選択しな
い場合です。ディストリビューターがディストリビューターシップを更新しないことを選択
する場合、必ず6ヶ月待ってから再申請を行う必要があります。

13 定義

アクティブディストリビューター:SISELの報酬プランに定められている最低限のセール
スボリューム価格を満たし、コミッションを受け取る資格があるディストリビューター。

契約:当社と各ディストリビューターとの間の契約には、独立ディストリビューター申請
書、SISELグローバルポリシー、SISELの報酬プラン、および受益者声明書(該当する場
合)があり、SISELが独自の裁量で修正する権利を有します。

受益権:「受益権」という用語は、(1)他のディストリビューターシップまたは優先顧客口
座の直接または間接所有権、(2)実際の、明らかな、または事実上の権限または他のディ
ストリビューターまたはアカウントに対する支配または(3)現行の補償計画により特別に
承認されたものを除いて、現在または将来、別のディストリビューターシップから直接的ま
たは間接的に収益を受け取る権利を言います。

会社:契約書全体で使用されている「会社」という用語は、Sisel International、LLC、Sisel
International AGおよびその関連会社を意味します。

ディストリビューターキット:新規参加の各ディストリビューターが購入しSISELトレー
ニング教材を含むビジネスサポート資料。

ダウンライン:下記マーケティング組織を参照

末端消費者:SISEL製品の購入者、小売顧客。

世帯:世帯主とその配偶者および同居の家族

レベル:ディストリビューターのマーケティング組織内の愛用会員とディストリビューター
を表す位置で、スポンサーした縦の数によって決定します。
例えば、AがBをスポンサリングし、BがCをスポンサリングし、CがDをスポンサリングし、
DがEをスポンサリングした場合、Aの4レベル目がEとなります。

マーケティング組織:愛用会員およびディストリビューターは、任意のランクのディストリ
ビューターの下でスポンサーとなります。

通知:本契約に別段の定めがない限り、本契約に基づいての要求、通知またはその他の
連絡は書面で行うものとする
書面がファクシミリまたは電子メールで送付された場合、ファクシミリと電子メールの日
付から1日以内に郵送の場合は5日以内で受け取りを完了したものとみなされます。連絡
先情報を最新の状態に保つのはディストリビューターの義務であるため、ディストリ
ビューター登録がされた住所に送付された時点で通知が行われたものとみなされます。

公式のSISEL教材:著述、オーディオまたはビデオテープ、およびSISELによってディスト
リビューターに発行、配布される資料を言います。

パーソナルボリューム(PV):SISELからボーナスとコミッションを獲得する上で、各ディ
ストリビューターが毎月(カレンダー月)に必要となる製品購入ボリューム(1)SISELが
ディストリビューターに直接付与するもの(2)ディストリビューターがスポンサリングした
直接の愛用会員から付与されるもの。

愛用会員:SISEL愛用会員契約(上記第10.1項を参照)を実行し、個人消費用に製品を
使用するのみで、ディストリビューター組織を作らず、ボーナスとコミッションを受け取る
資格のない会員顧客。

ランク:ディストリビューターがSISELのコンペンセーションプログラムに基づいて達成す
る「資格」です。ランクの昇進は、資格を承認された次の月の1日から有効となります。
SISELのコンペンセーションプログラムには、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナのマ
ンスリークオリフィケーションレベルと呼ばれる資格レベルとマスターランクというランク
があります。各資格条件の詳細は、SISELのコンペンセーションプログラムを参照してくだ
さい。

リクルート:SISELの利益の相反規定(第4.9条項)に関する条項として、「リクルート」と
は、直接的または第三者を介して、他のSISELディストリビューターまたは愛用会員に対
し、他のマルチレベルマーケティング、ネットワークマーケティング、ダイレクトセールスに
入会または参加するための勧誘、入会、推奨、努力を実際に行なったり、または計画するこ
とを指します。他のディストリビューターや愛用会員による問い合わせに対して、ディスト
リビューターが対応した場合も、リクルート行為とみなされます。

再販可能:製品とセールスエイドは、次の項目に適用される場合に「再販可能」とみなされ
ます。(1)開封、使用されていない場合、(2)パッケージとラベルが変更、損傷を受けてい
ない場合、(3)製品とパッケージが、正価で販売する取引において商業的に適切な状態で
ある場合、(4)製品の消費期限が6ヶ月以上あるもの(5)製品にSISELラベルが現行のも
のである場合。販売時に返品不可、製造中止、季節用品として明確に指定された製品は
対象外です。

小売顧客:再販売のためではなく個人的に消費する目的でSISEL製品をディストリ
ビューターから購入した個人。
最終消費者。

ロールアップ:ディストリビューター契約が解除されたディストリビューターにより残され
たマーケティング組織内の空きを埋める方法です。

スポンサー:愛用会員やその他のディストリビューターをSISELに登録するディストリ
ビューターです。独立ディストリビューター資格申請書もしくはSISEL愛用会員登録申請
書にスポンサーとして記載されます。他の顧客を登録したり、その顧客をディストリビュー
ターにするためにトレーニングする活動は、「スポンサリング」と呼ばれます。

アップライン:スポンサーシップライン内の特定のディストリビューターの上からSISELま
でのディストリビューターを示します。逆に、特定のディストリビューターとSISELをリンク
するスポンサーラインとも呼びます。

*本規約は、日本国内においてSISELが規定する内容以外について、省略されている条項
がございます。

*本規約は、2017年9月現在のものとなります。

*本規約の変更は、第2.3条を適用致します。

© 2007, 2010, 2015-2020 Sisel International, LLC., & Sisel International AG, all rights reserved.
REVISED 1 April 2019

法定広告記載事項

法定広告記載事項

2021年2月1日現在の、法定広告記載事項をご案内します。

1. 商品・役務の種類

  1. ミネラル、ビタミン、たん白質・脂質等の栄養補助食品、食物繊維、ハーブ等を主原料とする栄養補給食品
  2. 清涼飲料
  3. サービス関連のサービスを実行するため。 もしくは
  4. サービスの使用状況の分析を支援するため。
  5. このサービスのご利用者に、第三者があなたの個人情報にアクセスできることをお知らせしたく存じます。その理由は、私たちに代わって割り当てられたタスクを実行してもらうためです。 ただし、他の目的で情報を開示または使用しない義務があります。

2. 特定負担に関する事項

シズルインターナショナルAGのディストリビューター登録料(ディストリビューターキット)は2400円(消費税込)、及び年間更新料は1300円(消費税込)です。ただし6ヶ月無購入期間が続くと会員資格が停止されます。新規登録の際には合計で50PV以上の商品をお買い求めいただく必要があります。更新の場合にも1PV以上の商品購入が必要となります。尚、新規登録または更新の際にお買い求めいただく個々の商品の購入代金も特定負担に該当します。

3. 統括者の名称、住所および電話番号

シズルジャパン合同会社
〒100-0004 東京都大手町1-6-1
統括者スコット・マードック
フリーダイヤル 0120-139426 (土日祝を除く 9:30~17:30)
消費者相談お問い合わせ 0120-139-426
4. 特定利益の計算方法

シズルが販売する商品・役務にはPVおよびBVと呼ばれるポイントが付されています。(2021年2月1日現在、PVは、各ボーナスを取得するために必要な資格取得ポイントであり、商品によって異なります。またBVも商品により異なり換算レートは1BV=118円。毎月50PV以上のポイントを獲得されたディストリビューターは(特定利益)をお支払いします。

ボーナスの種類:ファストスタートボーナス、ダイレクトコミッション、インフィニティーボーナス、マスターチェックマッチ、ランクアドバンスメントボーナス、ドリームボーナス、リテールコミッション、ウェルスビルダーシステム

5. 商品名

フコイダンUFG, スペクトラマックス,エタニティー,スープラオメガ,ウルトラマックス,TSX,パナマボケテマイクログランドインスタントブラック,他
(2021年2月1日現在)